「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > よみもの > となみ野 むかしがたり

よみもの 参加のご案内


となみ野 むかしがたり
印刷用ページ

私はとなみ野に伝わる民話や伝説を語り継いでいます。 砺波市・南砺市・小矢部市には様々なお話がありますが、 そんなお話の中から、とっておきのものをお話しします。 またみなさんの知っているお話がありましたら、ぜひお寄せくださいね。 それでは、はじまり、はじまり…。

掲載日:2018年4月1日
第13回 おおいけのりゅうじょ (1/3話)

 南砺市の旧福光町の西の方、石川県金沢市との境に医王山という山があり、そこにはトンビ岩という、トンビの形に似た岩があります。
 そのトンビ岩から下をのぞくと、大池と呼ばれる池が見えます。
 これから始まる話は、この池に昔から伝わっている竜の娘、お光の話です。
 昔々、江戸時代の頃、金沢の堤町に小松屋藤右衛門という、お金持ちの呉服屋がありました。
 この家には、お光という色が白く、とてもかわいい娘がおりました。
 ある時、お光は急に重い病気になりました。
 あちこちの医者に診てもらったり、いろいろな薬を飲ませたりしましたが、少しもよくなりません。
 ある日、きものを買いに来た人が、医王山の大池の水を飲ませると、どんな重い病気も治るという話をしてくれました。
 お光のお父さんは、この話を聞くと、さっそく店の若い者を山に登らせ、大池の水をくんで来るように頼みました。
 若者は、「少しでも早く」と思いながら山を登ったり谷をくだったりして医王山へと急ぎました。
 そして大池の水をくんで帰ると、もう日は暮れてあたりは暗くなっていました。
 若者がくんできた大池の水をさっそくお光に飲ませました。また、この水で風呂をわかして入らせました。
お光 「ああ、気持ちのいいお湯だこと」「なんだか体中が軽くなったみたい…。病気が治っていくようだわ」
 こうして、毎日、毎日、風呂に入っているうちにお光の病気は、だんだん、良くなっていったのです。お父さんも、お母さんもそれは、それは喜びました。
−つづく−


「ああ、気持ちのいいお湯だこと」




今日はどんなお話をしようかね…。
となみ野おばあちゃん

となみ野おばあちゃん、 となみ野、
私たちの故郷・となみ野には古くから多くの民話や伝説があり、先祖代々語り継がれてきました。
TSTとなみでは、そうした地域の良さを伝えるお話を紹介します。
e-mail info@e-tonamino.com
URL



バックナンバー

8月11日 第17回 火伏せ石(2/3話)
8月1日 第17回 火伏せ石(1/3話)
7月15日 第16回 桑山のおこり (2/2話)
7月1日 第16回 桑山のおこり (1/2話)
6月15日 第15回 金塚の宮(2/2話)
6月1日 第15回 金塚の宮(1/2話)
5月22日 第14回 やりのさきのみず (4/4話)
5月15日 第14回 やりのさきのみず (3/4話)
5月8日 第14回 やりのさきのみず (2/4話)
5月1日 第14回 やりのさきのみず (1/4話)
4月21日 第13回 おおいけのりゅうじょ (3/3話)
4月11日 第13回 おおいけのりゅうじょ (2/3話)
4月1日 第13回 おおいけのりゅうじょ (1/3話)
3月15日 第12回 おさるの顔はなぜ赤い(後篇)
3月1日 第12回 おさるの顔はなぜ赤い(前篇)
2月15日 第11回 子撫川のいわれ(後篇)
2月1日 第11回 子撫川のいわれ(前篇)
1月16日 第10回 きつねの嫁入り(後篇)
1月1日 第10回 きつねの嫁入り(前篇)
12月16日 第9回 まいこん淵に流れ着かれた御神体(後篇)
ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.