「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > よみもの > となみ野 むかしがたり

よみもの 参加のご案内


となみ野 むかしがたり
印刷用ページ

私はとなみ野に伝わる民話や伝説を語り継いでいます。 砺波市・南砺市・小矢部市には様々なお話がありますが、 そんなお話の中から、とっておきのものをお話しします。 またみなさんの知っているお話がありましたら、ぜひお寄せくださいね。 それでは、はじまり、はじまり…。

掲載日:2018年6月1日
第15回 金塚の宮(1/2話)

 これは、旧福野町南野尻(※1)に古くから言い伝えられた、金塚の宮というお話です。
 昔、村はずれにおじいさんとおばあさんが住んでいました。二人はお金持ちではありませんでしたが、正直者で、少しばかりの田畑に、日夜汗を流す毎日でした。
 ある晩おじいさんは、とても不思議な夢を見ました。
 夢の中で髪もひげも真っ白な老人が現れ、「私は東の宮のケヤキの木の根元に埋められた黄金の霊である。日頃そなたの正直な生き方に深く思うところがあり、この黄金をそなたに贈ろうと思う。しかしこれはそなた一人の縁につながるものであるから、たとえ連れ合い(※2)にすら話すことはならぬ。人の目に触れぬように、心して掘りおこすように伝える。もし他人の目に触れた場合は、黄金はたちどころに消えて無くなるであろう」
と告げて消え、夢は覚めました。
「変わった夢を見たものだ…」、とは思ったものの、夢は夢。本当とはなかなか思われず、そのままにしておいたところ、次の晩もまた同じ夢を見たのです。全く同じ内容の夢を続けて見るとは、もしかするとこれは正夢かもしれない。
 不思議な夢の話を、おばあさんに話したい気持ちをこらえて、そっと床を抜け出したおじいさんは、東の宮へと急ぎました。
 一方おばあさんは、隣の寝床の気配に目覚め、まだ起きるのには少し早いのにそっと起きて、外へ出て行くおじいさんを不思議に思い、後をつけて行きました。
 おばあさんに後をつけられているとも知らずに、おじいさんは白々と明け始めた朝もやの中を、東の宮へと急ぎます。肩には鍬を担ぎ、そして夢のお告げのケヤキの木にたどり着きました。
−つづく−

※1南野尻・・・現在の南砺市苗島付近。
※2連れ合い・・・配偶者。この場合はおじいさんの妻(おばあさん)のこと。


「人の目に触れぬように…」




今日はどんなお話をしようかね…。
となみ野おばあちゃん

となみ野おばあちゃん、 となみ野、
私たちの故郷・となみ野には古くから多くの民話や伝説があり、先祖代々語り継がれてきました。
TSTとなみでは、そうした地域の良さを伝えるお話を紹介します。
e-mail info@e-tonamino.com
URL



バックナンバー

8月11日 第17回 火伏せ石(2/3話)
8月1日 第17回 火伏せ石(1/3話)
7月15日 第16回 桑山のおこり (2/2話)
7月1日 第16回 桑山のおこり (1/2話)
6月15日 第15回 金塚の宮(2/2話)
6月1日 第15回 金塚の宮(1/2話)
5月22日 第14回 やりのさきのみず (4/4話)
5月15日 第14回 やりのさきのみず (3/4話)
5月8日 第14回 やりのさきのみず (2/4話)
5月1日 第14回 やりのさきのみず (1/4話)
4月21日 第13回 おおいけのりゅうじょ (3/3話)
4月11日 第13回 おおいけのりゅうじょ (2/3話)
4月1日 第13回 おおいけのりゅうじょ (1/3話)
3月15日 第12回 おさるの顔はなぜ赤い(後篇)
3月1日 第12回 おさるの顔はなぜ赤い(前篇)
2月15日 第11回 子撫川のいわれ(後篇)
2月1日 第11回 子撫川のいわれ(前篇)
1月16日 第10回 きつねの嫁入り(後篇)
1月1日 第10回 きつねの嫁入り(前篇)
12月16日 第9回 まいこん淵に流れ着かれた御神体(後篇)
ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.