「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > よみもの > となみ野 むかしがたり

よみもの 参加のご案内


となみ野 むかしがたり
印刷用ページ

私はとなみ野に伝わる民話や伝説を語り継いでいます。 砺波市・南砺市・小矢部市には様々なお話がありますが、 そんなお話の中から、とっておきのものをお話しします。 またみなさんの知っているお話がありましたら、ぜひお寄せくださいね。 それでは、はじまり、はじまり…。

掲載日:2019年7月16日
第29回 大杉と天狗さん(2/2話)

 家の者たちは、「一体どこへ行かれるのだろう?」とこっそり後をつけました。
すると井波別院の後の大きな木の沢山あるところで急に霧が立ち込め、姿を見失ってしまいました。

 あの不思議な太鼓の音は、その後も続き、村に大水や火事などの災害があったとき、必ず大杉の上から太鼓がなっていたそうです。また夜遊びの若衆があまり遅く帰ると、「パラ、 パラ、パラ」、「痛い!痛い!」、小石をまいて戒(いまし)められたとか…。また、隣り近所の家に夜、戸締りがしてないと、トントントントン雨戸を叩かれたそうです。「天狗さん太鼓」のドンドンという音は、昭和のはじめごろまで聞こえたそうです。

 昭和十七年、戦争がはげしくなりました。杉の木は三本のうち二本までが切り倒されました。たたりがあっては大変だということで、高瀬神社の正面の扉になっているということです。その後今日までお盆、お正月、お祭りには、必ず天狗さんの神棚にお供え物をしてお参りをしておられます。

 残された一本は、高さ二十メートル余り、周り四メートル五十、樹齢は四百年。雄々(おお)しい(※1)姿で天にそびえたっているということです。
―おしまい―

※3雄々しい・・・男らしいさま。勇ましい。


「パラ、 パラ、パラ」、「痛い!痛い!」




今日はどんなお話をしようかね…。
となみ野おばあちゃん

となみ野おばあちゃん、 となみ野、
私たちの故郷・となみ野には古くから多くの民話や伝説があり、先祖代々語り継がれてきました。
TSTとなみでは、そうした地域の良さを伝えるお話を紹介します。
e-mail info@e-tonamino.com
URL



バックナンバー

8月16日 第30回 宥音塚のねがい(2/2話)
8月1日 第30回 宥音塚のねがい(1/2話)
7月16日 第29回 大杉と天狗さん(2/2話)
7月1日 第29回 大杉と天狗さん(1/2話)
6月16日 第28回 乳がよくでる門杉の皮
6月1日 第27回 おじぞうさまのなみだ
5月15日 第26回 くわやまのおこり(2/2話)
5月1日 第26回 くわやまのおこり(1/2話)
4月15日 第25回 牛岳の黄金(2/2話)
4月1日 第25回 牛岳の黄金(1/2話)
3月16日 第24回 絵から抜け出した馬(2/2話)
3月1日 第24回 絵から抜け出した馬(1/2話)
2月15日 第23回 大蛇におこった村(2/2話)
2月1日 第23回 大蛇におこった村(1/2話)
1月21日 第22回 人形山ものがたり(3/3話)
1月11日 第22回 人形山ものがたり(2/3話)
1月1日 第22回 人形山ものがたり(1/3話)
12月25日 第21回 身代わりになった鯉(4/4話)
12月17日 第21回 身代わりになった鯉(3/4話)
12月9日 第21回 身代わりになった鯉(2/4話)
ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.