「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > よみもの > となみ野 むかしがたり

よみもの 参加のご案内


となみ野 むかしがたり
印刷用ページ

私はとなみ野に伝わる民話や伝説を語り継いでいます。 砺波市・南砺市・小矢部市には様々なお話がありますが、 そんなお話の中から、とっておきのものをお話しします。 またみなさんの知っているお話がありましたら、ぜひお寄せくださいね。 それでは、はじまり、はじまり…。

掲載日:2019年8月16日
第30回 宥音塚のねがい(2/2話)

 穴が二メートルぐらいの深さになったとき、その上に木切れ、板ぎれを並べて土をかぶせ、松の小株を植え込んだ。
 やがて、武士は頭を丸め、自ら宥音と名をかえて、
「私は武士であるが、城端の人たちとお付き合いしているうちに、人間は名誉より、お金よりももっと大切なものがあることに気がついた。
 それは、どんな苦難に出遭っても、心の中だけは豊かに、平穏に、いついつまでもみんな仲良く生きていくことである。心の平穏を保つことのできるのは信仰の世界をおいてない。私は、この小塚の中の穴に入って一心に町の人のしあわせを祈りたい。」
といって、十月の八日、ひとりこの穴に入り、静かに坐って、お経をよみはじめた。
 幾日も幾日も宥音和尚の読経の声が、わずかに開いた小塚の穴から力づよく聞こえたが、十日たち二十日たつうちに、ふっつりと唱えの声が絶えたということだ。
 それ以来、町の人々はこの塚のことを宥音塚と名づけ、毎年十月の八日には宥音和尚を祀るお祭りが行われるのである。
 和尚お手植えの松は、いまは切り株だけになったが、和尚の魂が四百五十年も経た昭和の時代になっているのに、そのねがいが城端の町の人の心に残っていて、だれがあげるともしれぬ灯明の光になって輝いているのだ。

―おしまい―






今日はどんなお話をしようかね…。
となみ野おばあちゃん

となみ野おばあちゃん、 となみ野、
私たちの故郷・となみ野には古くから多くの民話や伝説があり、先祖代々語り継がれてきました。
TSTとなみでは、そうした地域の良さを伝えるお話を紹介します。
e-mail info@e-tonamino.com
URL



バックナンバー

9月16日 第31回 瓜裂しょうず(2/2話)
9月16日 第34回 こま回しのなべ六
9月1日 第31回 瓜裂しょうず(1/2話)
8月16日 第30回 宥音塚のねがい(2/2話)
8月1日 第30回 宥音塚のねがい(1/2話)
7月16日 第29回 大杉と天狗さん(2/2話)
7月1日 第29回 大杉と天狗さん(1/2話)
6月16日 第28回 乳がよくでる門杉の皮
6月1日 第27回 おじぞうさまのなみだ
5月15日 第26回 くわやまのおこり(2/2話)
5月1日 第26回 くわやまのおこり(1/2話)
4月15日 第25回 牛岳の黄金(2/2話)
4月1日 第25回 牛岳の黄金(1/2話)
3月16日 第24回 絵から抜け出した馬(2/2話)
3月1日 第24回 絵から抜け出した馬(1/2話)
2月15日 第23回 大蛇におこった村(2/2話)
2月1日 第23回 大蛇におこった村(1/2話)
1月21日 第22回 人形山ものがたり(3/3話)
1月11日 第22回 人形山ものがたり(2/3話)
1月1日 第22回 人形山ものがたり(1/3話)
ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.