「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > よみもの > YOGA教室だより

よみもの 参加のご案内


YOGA教室だより
印刷用ページ

ヨーガについて

掲載日:2002年12月27日
YOGA教室だよりNo.123から

ラージャスターン・ツアー
27,Nov.〜4,Dec.2002
関空の出発ロビーで見かけた二人の若いチベット僧は私たちの前の席だったので話がはずんだ。なんでも、砂マンダラを描くデモンストレーションのために来日していたとか。
到着が近づいたころ、入国カードの書き方が分からないので書いてくれという。二人のパスポートを預かり、荒井君と手分けして書いた。
翌朝、3:30のモーニングコールで空港へ向かう。手荷物検査やボディチェックは普段より厳しい。CD7471便は5:45定刻に飛んだ。新月が近いので窓の外は漆黒の闇だ。明けの明星が存在感を増す。しぱらくすると東の地平に青い一条の光が広がる。一条の光は次第にその幅を広げ、薄青に変わり、地平に接するあたりは黄味を帯ぴる。それがオレンジ色になり、朱になった頃には太陽の登場である。一日が始まる一遵のドラマのうち、太陽の登場場面はジャイプール上空の雲に隠されて見られなかった。
西紀前1300年ころ、インダス川上流のパンジャープ地方に定着したアーリヤ人はrリグ’・ヴェーダ』の宗教をもたらした。『リグ・ヴェーダ』はインドにおける最古の文献であり、神々を讃える歌で構成されている。そこには暁紅の女神ウシャスを讃えて、彼女は太陽が昇ってくる前に闇を切り裂く曙光であり、紅色の輝きであるとしている。讃歌には「ここにかの繰り返したち返る光明は、暗黒より離れ、東方に現われたり、万物を分明に区別しっっ。今や、輝かしき天の娘ウシャスらは、人間に道を開かんことを。」「まばゆきウシャスらは、東方に現われたり、祭儀において立てられたる柱のごとくに。ウシャスらは輝きっつ暗黒の扉を開けり、清く輝き、清めっっ。」とあり、機窓から見た一遵のドラマは、天の娘ウシャスの登場であったのである。


象のタクシー




私が書いています
プーリーの彼女

プーリーの彼女、 インドの山奥、
ヨーガで健康な心身を!
e-mail info@e-tonamino.com
URL



バックナンバー

12月27日 YOGA教室だよりNo.123から
11月1日 YOGA教室だよりNo.115から
ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.