トップ > よみもの > となみ野 むかしがたり

となみ野 むかしがたり
 

私はとなみ野に伝わる民話や伝説を語り継いでいます。 砺波市・南砺市・小矢部市には様々なお話がありますが、 そんなお話の中から、とっておきのものをお話しします。 またみなさんの知っているお話がありましたら、ぜひお寄せくださいね。 それでは、はじまり、はじまり…。

掲載日:2020年8月1日
第45回 半分になった観音さま

 福野の安居寺に伝わるお話です。
 昔、安居寺の観音様が、何者かに盗まれるという事件がありました。住職をはじめ、村人たちは、あちらこちらくまなく探したのですが見つかりません。大変なことになったものだと、一同は青くなっていました。
 しばらくして、安居寺を訪れた旅人の口から、耳寄りのうわさが伝わってきました。それは金沢の卯辰山に最近、観音様が祀られ、たくさんの信者が連日お参りしているという話でした。
「うーむ。これはおかしな話だ、もしかして!」
 一同は卯辰山へ行き、参拝する沢山の人々の中に加わり、祀られている観音様を拝観しました。すると、盗まれた観音様にあまりにもそっくりです。
 一同は、さっそく寺社奉行(※)へ訴え出ました。しかしいくら調べても、どちらのものか確かなものがなく、腕を組むばかりです。
 困った寺社奉行は、
「これでは解決のつけようがない。しかし、いずれかのものであるには違いないので、後日改めて調べることにする。その結果、双方とも奉行の判定に対し不服を申さぬという証文を、それぞれ持参するように申しつける」
 呼び出しの当日、安居寺と卯辰山のお坊さんたちは、証文を持って奉行所に集まりました。
 奉行は一同が揃ったのを確かめると、突然大工に命じて観音様をノコギリで真っ二つに切らせました。そして半分ずつを双方に与え、証文を提出させたのです。
 それから安居寺と卯辰山の観音様は、同一体と言われるようになったそうです。
―おしまい―

※寺社奉行・・・篠原出羽守(しのはら でわのかみ)とも伝わる。

このお話は、南砺市福野地域のひまわりグループが制作した紙芝居より、一部加筆・修正の上、掲載しました。


「うーむ。これはおかしな話だ、もしかして!」


今日はどんなお話をしようかね…。
となみ野おばあちゃん

となみ野おばあちゃん、 となみ野、
私たちの故郷・となみ野には古くから多くの民話や伝説があり、先祖代々語り継がれてきました。
TSTとなみでは、そうした地域の良さを伝えるお話を紹介します。
e-mail info@e-tonamino.com
URL

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.