トップ > よみもの > となみ野 むかしがたり

となみ野 むかしがたり
 

私はとなみ野に伝わる民話や伝説を語り継いでいます。 砺波市・南砺市・小矢部市には様々なお話がありますが、 そんなお話の中から、とっておきのものをお話しします。 またみなさんの知っているお話がありましたら、ぜひお寄せくださいね。 それでは、はじまり、はじまり…。

掲載日:2018年9月16日
第18回 祖母田江(2/2話)

 あくる日から用水を作る工事が始まりました。彼らのご飯は、おばあさんが一手に引き受けました。そんな中、おばあさんにはひとつ気になることがありました。自分が米を炊くのに、米を取りに行くのはいつもおじいさんなのです。蔵にはいつも鍵をかけ、
「あの米蔵には入ったらあかん。決して俵の中を見たらあかん」と言うのです。
 おじいさんが留守だったある日のこと、おばあさんは我慢ができずそっと蔵に入りました。すると、中にとても美しい大きな米俵がありました。恐る恐る中を覗きますが、一粒の米も見あたりません。
「これは一体どうなっとるんじゃ」
 そうおばあさんがつぶやくと、蝶が俵の底の方から出てきて、空のかなたへ飛んでいってしまいました。もう一度俵の中を覗きましたが、一粒の米もありません。
 夕方おじいさんが町から帰ってきました。
「おじいさん、あれほど見たらあかんとゆうとった(※)米俵を、とうとう見てしもうた」
「な…、なんじゃと。あんなに見られんゆうとったがに」
 おばあさんは泣いて謝りました。いつもは優しいおじいさんも、一生懸命働いている村の人たちのことを思うと腹が立ち、たいそう怒りました。そのためおばあさんは病気になり、しばらくして死んでしまいました。おじいさんはおばあさんを叱ったことをとても悔やみ、手篤く葬りました。しかし村人たちはおじいさんに腹を立て、口を利かなくなりました。それから間もなく、おじいさんは後を追うように死んでしまいました。この村の人たちは水口江のあたりで野良仕事をしながら、「おばあさんがここで絶えたそうだ」と言って、いつの頃からか、この辺りを「祖母田江」といって、人から人へと伝えられたということです。
―おしまい―

※ゆうとった…言っていた


「おばあさん、すまなかった…」


今日はどんなお話をしようかね…。
となみ野おばあちゃん

となみ野おばあちゃん、 となみ野、
私たちの故郷・となみ野には古くから多くの民話や伝説があり、先祖代々語り継がれてきました。
TSTとなみでは、そうした地域の良さを伝えるお話を紹介します。
e-mail info@e-tonamino.com
URL

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.