「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > よみもの > となみ野ストーリー

イベント&お知らせ 参加のご案内

となみ野ストーリー
印刷用ページ

掲載日:2017年8月1日 次回更新日:2017年9月1日
となみ野ストーリー 第46回.下町ルネッサンスを実現した男

●川に育まれて…
墨田区長として、隅田川を中心に据えたまちづくりを進めたのが山ア榮次郎です。
 山アは、明治44(1911)年4月17日に西礪波郡西野尻村上川崎(現在の南砺市上川崎)で生まれました。幼い頃の彼は、はにかみ屋で甘えん坊な性格の少年でした。彼の遊び場は、家のすぐ近くを流れる清水川でしたが、そうした川に対する愛着が、彼の後世に大きな財産となります。 
 小学校を卒業した昭和2年4月、山アは福野町役場に就職します。しかしさらなる自分の可能性を見出そうと、22歳の時に友人を頼って上京します。その後は目白商業学校(現在の目白大学)で法律を学び、東京市向島区役所の臨時職員となります。
 昭和24年暮れ、ソ連での抑留生活を終えた山アは、墨田区役所(向島区と本所区が合併して誕生)に復職します。そして同38年には、墨田区の助役に就任します。
 昭和49年2月、区議会の圧倒的な支持を得て墨田区長に就任します。翌50年より区長職は公選となりますが、広く区民の衆望を背に初当選を果たします。

●「すべての人とは皆兄弟」
 公選で墨田区長に就任した山アは、「区民の目線でものを見る」という姿勢を打ち出し、どんな小さな集まりや催しもいとわず顔を出し、区民との触れ合いを大切にしました。そうした彼の姿勢は、多くの区民の心をつかみました。
 山アはまず昭和53年に、17年間途絶えていた「隅田川花火大会」を復活させ、東京の風物詩に新たな一ページを加えました。翌年には、全国に先駆けて「不燃建築物建築助成制度」をスタートさせます。
 さらに彼は、蔵前に一時移転していた国技館を、再び相撲の発祥地・両国に建設することを提案します。東奔西走の末、同60年1月に新・国技館が完成しました。
 昭和61年の暮れから風邪気味だった山アは、慌しい仕事が原因で体調を崩し、翌年1月入院します。そして闘病生活を続ける中、2月3日に75年の生涯を閉じます。


山崎榮次郎


バックナンバー

12月1日 となみ野ストーリー 第50回.商売に一途であり続けた男
11月1日 となみ野ストーリー 第49回.刀の魅力に惹かれた男
10月1日 となみ野ストーリー 第48回.故郷から文化復興に尽くした男
ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.