「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >タマネギ生産拡大へ新施設 JAとなみ野

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

タマネギ生産拡大へ新施設 JAとなみ野
印刷用ページ
2017年10月6日 すべて 政治・経済




 JAとなみ野(本店・砺波市宮沢町)が特産化を進めるタマネギ(ブランド名・雪たまねぎ)の生産拡大に向け、新設する乾燥施設の整備工事起工式が5日、南砺市苗島の同JAタマネギ関連施設で行われた。本年度末に完成する予定で、設備増強で乾燥できる量は今の倍以上になり、2018年産は作付面積200ヘクタール、生産量1万トンを目指す。

 JAとなみ野はタマネギ栽培を「となみ野型複合経営」の柱と位置付け、砺波、南砺両市で産地化に取り組んでいる。

 乾燥施設は国の支援を受けて整備し、総事業費は10億5600万円。敷地面積は2700平方メートル、鉄骨平屋建て延べ床面積2360平方メートル。ヒーターで温めた低湿度の空気を送り込む方式で、乾燥が均一になる利点があるという。

 今の既存施設では処理能力は4600トンだったが、新設する施設は5400トン分を乾燥でき、合わせて計1万トンに対応できる。同JAは生産量アップに向け、既に砺波市五郎丸の集出荷貯蔵施設内で選別設備も改修した。17年産は118ヘクタールで作付けし、出荷量は約5500トンを見込んでいる。

 起工式で佐野日出勇組合長が「選別設備の新しいラインと合わせ、タマネギ生産の拡大と秀品率の向上に寄与すると確信している」とあいさつ。米原蕃、瘧師富士夫両県議やJA全農とやま、北陸農政局、県、砺波、南砺両市、地元自治会の関係者ら約80人が出席した。

© 北日本新聞


まちのニュース
JAとなみ野「たまねぎ」初出荷   6月28日(7/2)

第6回 南砺市老連カローリング大会  6月24日(7/2)

小矢部市美術展 6月24日(日)(7/2)

福野小学校とリッチモンド小学校の国際交流 7月9日〜(7/2)

砺波地区健康麻将協会の設立総会 6月23日(7/2)



北日本新聞ニュース
空き家を展示空間に活用 陶芸家・山口さん(7/19)

地域振興業務統合庁舎に移管 市長方針(7/19)

地域のリーダー役期待 南砺市女性議会開会(7/19)

祖先しのび伝統の輪踊り(7/19)

ねつおくりへ七夕準備 福光の東町商店会(7/19)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.