「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >うさぎおみくじ引いて 高瀬神社 木製の玉に模様

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

うさぎおみくじ引いて 高瀬神社 木製の玉に模様
印刷用ページ
2017年12月28日 南砺市 地域・社会




 南砺市高瀬(井波)の越中一宮高瀬神社は来年1月1日から、祭神の大国(おおくに)主命(ぬしのみこと)とゆかりの深いウサギの模様を木製の玉に刻み込んだおみくじを用意する。20種類と豊富で、人生の指針を示している。素材は井波彫刻でよく使われるクス。城端の「しけ絹」の袋とセットとし、地元の伝統産業アピールにもつなげる。

 同市井波の「よしみ工房」が発案。長さ3センチ程度の繭玉のような形に加工し、「月に兎(うさぎ)」「真向き兎」など、それぞれ異なる姿で刻み込んだ。「生まれ変わる時」「何事にも真っすぐ」などの意味が込められ、自らの生き方や心構えを確認できる。「大国さまのおさとし うさぎおみくじ」と名付け、箱から引いてもらう。

 同工房の南部望さん(28)は社寺彫刻にウサギがよく使われていることから思い付いたという。

 同市城端の松井機業の「しけ絹」を素材にした袋も用意。木玉を入れてお守りのようにして持ち歩くこともできる。6代目見習いの松井紀子さん(33)は「機織りの神様は大国主命に導かれたという言い伝えがある」と話し、同神社と関わる仕事の意義深さを感じていた。 おみくじは500円、しけ絹の袋は300円。

© 北日本新聞


まちのニュース
おやべイルミ2018   11月17日(土)(12/3)

税に関する高校生の作文 賞状贈呈式   11月15日(12/3)

砺波税務署で「納税表彰式」 11月14日(12/3)

税を考える週間 啓発活動  11月9日(12/3)

第17回 花椿祭 11月11日 (12/3)



北日本新聞ニュース
Xマスの立体作品登場 ケアハウスおやべ入居者が手作り(12/7)

干し柿生産維持へ共同加工施設 南砺で20年秋稼働目指す(12/7)

農業まつりの収益金預託 JA女性部とほほえみの会(12/7)

幸せな亥年へ 砺波 三助焼置物いかが(12/7)

Xマス彩る花々並ぶ チューリップ四季彩館(12/7)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.