「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >利賀の初午

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

利賀の初午
印刷用ページ
2018年1月4日 南砺市 地域・社会




統守るぞ 今年も13日に他地区が応援
 南砺市利賀村の上村集落で子どもを担い手に受け継がれている国選択無形民俗文化財「初午(はつうま)」が少子化の中、再び地区外の子どもの応援を得て今月13日に行われることになった。

 初午は、利賀地域で盛んだった養蚕の振興や家内安全を祈る行事で、江戸後期の文化年間(1804〜18年)には始まっていたとされる。子どもたちが各家を回り、神主役が祝詞を上げ、馬役の2人は唄と太鼓に合わせてわら製の頭と尾を振って動く。俵転がし役は、俵を引き寄せる動作を繰り返し、「福之神」「火の用心」と書いた紙を投げる。

 今回は上村の子がわずか4人。地区外から応援を求め、年長児から中学2年生までの計11人で演じることになった。地区外の7人のうち、5人が利賀地域以外で、上村のほか、かつて伝承していた下村、岩渕両集落出身者の子だ。ほとんどが昨年に続いての参加となる。

 もともとは小学3〜6年の男子が担い手だったが、児童数の減少を受け、1、2年生男子や女子児童を加えるようになってきた。近年は地区外のほか、中学生のサポートも受け、綱渡りの状態での運営が続く。

 世話役の笠原一忠さん(57)は「地元の子がいる限りは続けたい」と話している。今年は民家と事業所計25軒を回る。

© 北日本新聞


まちのニュース
メルヘン米新パッケージお披露目  3月22日(4/9)

福祉フォーラム   3月25日(4/9)

JOCジュニアオリンピックカップ・全日本ジュニアスキー選手権大会(4/9)

「第33回たいらクロスカントリースキー大会」3月24日(4/9)

南砺市書道連盟展 3月23日〜25日(4/9)



北日本新聞ニュース
綽如上人の遺徳しのぶ 瑞泉寺(4/24)

小櫻さんの100歳祝う 南砺市(4/24)

会長に川原さん 南砺市美術連合会(4/24)

メージイラスト決まる 福野の「スキヤキ」(4/24)

来年に交流イベント トルコ大使、砺波市長と懇談(4/24)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.