「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >南砺中央病院、産科全41床を廃止 保健・介護機能に転用

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

南砺中央病院、産科全41床を廃止 保健・介護機能に転用
印刷用ページ
2018年2月9日 南砺市 地域・社会




 南砺市は南砺中央病院(同市梅野・福光)で休止している産科41床を廃止する方針を固め、8日の市議会全員協議会で説明した。この病床がある3階フロアを保健センターや地域包括支援センターのサテライトに転用する方向性も示した。

 南砺中央病院の産科病床廃止は市の病院改革プランに沿った方針。田中幹夫市長は砺波医療圏の中核を担う砺波総合病院の産科維持を最優先しており、南砺市民病院を含む市立2病院での産科復活を事実上断念する形となった。

 新たな機能として、市役所福光庁舎近くの福光保健センターを移転。介護の相談窓口となる地域包括支援センターのサテライトを新設する。看護師確保に向け看護学生の現場実習の受け入れを促進するため、実習生の控室も設ける。森田真己地域包括医療ケア部長は「医療・保健・介護の一体型施設として再整備したい」と述べた。

 2018年度から改修に向けた設計に入り、19年度予算への改修費計上を目指す。これらの転換により補助金の返還や借金の一括返還が求められることはない。

 産科病床の廃止に伴い同病院の病床数を104に変える条例改正は、市議会3月定例会に提案される。議員からの異論は出なかった。

© 北日本新聞


まちのニュース
第18回 ムシ送り七夕まつり  7月7日〜31日(8/13)

第63回 福光ねつおくり七夕祭り 7月26日〜29日(8/13)

夏休み子ども図書館員  7月25日(8/13)

第68回 社会を明るくする運動南砺市民大会  7月30日(8/13)

太子伝会&いなみ太子伝観光祭 7月28・29日(8/13)



北日本新聞ニュース
万灯会、幻想的に 小矢部・不動寺で試験点灯(8/14)

カラオケ大会盛り上がる 小矢部(8/14)

15日にジャズインつざわ 小矢部(8/14)

水本(南砺福野高)5位 ジュニア五輪杯スポーツクライミング(8/14)

大門素麺、魅力を発信 砺波に資料館(8/14)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.