「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >伝統の祭り、力合わせ継承 福光・宇佐八幡宮

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

伝統の祭り、力合わせ継承 福光・宇佐八幡宮
印刷用ページ
2018年4月16日 南砺市 地域・社会




 ことし230年の節目を迎えた南砺市福光地域の宇佐八幡宮の春季祭礼が15日行われ、雨の中、みこしが中心部を勇壮に練った。みこしを担ぐ厄年の男性が減少していることを踏まえ、今回から担ぎ手の範囲を拡大。祭りの担い手不足が進む中、地域の力を合わせて伝統を守っている。

 宇佐八幡宮の春季祭礼は男衆が重さ約1トンのみこしを担ぎ、一日がかりで旧町約11キロを練り歩く。これまで厄年の数え25、42、61歳と、42歳の後厄の男性で行ってきた。

 祭りは42歳の世代が中心となって取り仕切る。ことしは33人いるものの、来年は17人に減少する。42歳の前厄は交通誘導など主に巡行の補助を担当してきたが、今回からその役割を、60歳以下の男性が入る御神輿(おみこし)保存会に依頼。担い手不足の影響が顕著になる前に、前厄にも担ぎ手として参加してもらう道筋を付けた。

 15日はあいにくの雨となり、計122人がビニールシートを掛けたみこしを交代で担いだ。商売繁盛を願う店や祝い事のあった家の前で「わっしょい、わっしょい」と威勢良く上下に揺らした。庵屋台や獅子舞も繰り出した。夕方には、小矢部川対岸にある荒木町八幡宮のみこしと福光橋の上で対面する「出あい」が繰り広げられた。

 42歳でつくる「巳駒英雄史(みこまえいゆうし)」の武田和博会長=同市福光・西町=は「伝統を若い世代に残すため、祭りに対する熱意が少しでも伝わればうれしい」と話していた。

© 北日本新聞


まちのニュース
おやべイルミ2018   11月17日(土)(12/3)

税に関する高校生の作文 賞状贈呈式   11月15日(12/3)

砺波税務署で「納税表彰式」 11月14日(12/3)

税を考える週間 啓発活動  11月9日(12/3)

第17回 花椿祭 11月11日 (12/3)



北日本新聞ニュース
権次郎うどん、食感味わって 蓑谷地区全戸に配る(12/11)

金森さん(南砺)最優秀 城端むぎや祭フォトコンテスト(12/11)

TOGA森の大学校、定員は1学年12人 南砺(12/11)

利賀の活性化、優良事例 ディスカバー農山漁村の宝(12/11)

練習の成果、生徒が発表 砺波子供おはやし教室(12/11)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.