「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >砺波市美術館 アートって面白い 園児29人、創作通じ感性育む

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

砺波市美術館 アートって面白い 園児29人、創作通じ感性育む
印刷用ページ
2018年5月16日 砺波市 スポーツ・文化




 創作活動を通して子どもたちの感性や情緒を育むワークショップ「子どもの造形アトリエ」が15日、砺波市美術館で始まった。初回は、プログラム「ザ・アドベンチャー」を行い、同市の太田、中野両幼稚園の年長児29人が魚や動物の絵を描き、段ボールに貼り付けた。

 ワークショップは1997年の開館以来、毎年開いている。市内の年長児や小学1、2年生を対象に、粘土や石こう、段ボールなどを使ったプログラムがあり、例年約1400人が取り組む。

 本年度も、来年1月まで約50回、13種類のプログラムを行う。

 この日は、グラフィックデザイナーの薮道子さん(49)=砺波市小島=が講師を務め、「宇宙」「海」「森」のテーマごとに分かれて制作。蛍光のクレヨンやペンを使ってUFOや魚、サメ、森に遊びに来た女の子などをカラフルに紙に描いた。

 高さ、幅約1・1メートル、奥行き約1・7メートルの段ボールに紙を貼り付け、家のように組み上げた。部屋の照明を消し、ブラックライトで照らすと、暗闇に子どもたちの絵が浮かび上がった。園児は「すごい」「面白い」と歓声を上げていた。

© 北日本新聞


まちのニュース
第22回水ロケット競技会 5月5日(5/21)

緑に親しむ集い   5月4日(5/21)

南砺福野高校 野菜苗・花苗販売  5月3日(5/21)

砺波市美術協会「春のチャリティー 色紙・小品展」  5月3・4日(5/21)

庄川木工まつり  5月3・4日(5/21)



北日本新聞ニュース
おもてなし力磨こう 小矢部市観光協会が出前講座(5/25)

染めで独創的世界観 城端で柏井さん個展(5/25)

新ポイントサービス開発(5/25)

井波の木彫刻、日本遺産認定(5/25)

21年度から財源不足 南砺市財政見通し(5/25)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.