「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >浸水対策巡り対立 南砺市議会庁舎統合特別委

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

浸水対策巡り対立 南砺市議会庁舎統合特別委
印刷用ページ
2018年9月21日 南砺市 政治・経済




 南砺市議会は20日、庁舎統合検討特別委員会を開き、福光への庁舎統合を盛り込んだ条例案の審議を始めた。浸水想定区域に福光庁舎の一部が含まれていることから、福野地域の議員がリスク分散を理由に2庁舎存続を求めたのに対し、福光地域などの議員が安全性に問題はないと主張。議員間の意見の隔たりが改めて浮き彫りになる中、委員長の才川昌一議長は1庁舎への統合を前提に議論を進める考えを示した。

 南砺市は、福野、福光、城端、井波の旧4町に分散した庁舎を福光に統合するため、市議会9月定例会に条例を提案している。

 この条例案を審議する特別委は、全20議員で構成。冒頭に才川委員長が「議員の皆さんが同じ方向を向くまで、しっかりと議論していく」と、幅広い合意形成を目指す方針を改めて示した。

 理事会で申し合わせた四つの論点のうち、まずは千年に1度程度の豪雨が発生した場合に福光庁舎別館などで50センチ未満の浸水が想定されることへの対策をテーマとし、議員間討議形式で議論を進めた。

 石川弘氏が、福光庁舎周辺の道路も浸水が想定されることから、災害対応に不安があるとし、「庁舎を一つでなく、二つにするのが有効な手だてだ」と、2庁舎存続を主張。向川静孝氏が「福光への集約はリスクがついて回る」と同調した。

 これに対し、榊祐人氏は、市議会で1庁舎への統合の方向性を打ち出していることを踏まえ、「2庁舎(の主張)をぶり返すのは心外」とした上で、「浸水があっても復旧は早い」との見方を示した。自民クラブ会長の片岸博氏は、福光庁舎の構造上の利点を強調した。

 才川委員長は「1庁舎にしていくという根本を今さら変えるわけにはいかない」と、2庁舎存続に否定的な考えを示した。災害時の代替庁舎の在り方など、不安解消に向けた方策をさらに突き詰める必要性があるとし、21日の特別委で引き続き協議することとした。

© 北日本新聞


まちのニュース
砺波を中心にした呉西地区の食材に拘る 食堂「633」様が新メニューをスタート(6/20)

南砺市シルバー人材センター定時総会 5月31日(6/17)

第15回 南砺市小学校連合運動会  5月30日(6/17)

ゴミゼロ運動OYABEまちぴかウォーク 5月30日(6/17)

砺波市小学校連合運動会(5月29日)(6/17)



北日本新聞ニュース
妊娠届け出34年間で最少(6/26)

小矢部・荒川地区で新公民館整備へ(6/26)

市民活動サポートセンター一括譲渡の申し出(6/26)

11月に公共施設長寿命化計画策定(6/26)

統合庁舎1階に総合案内役常駐(6/26)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.