「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >城端庵唄を神楽坂(東京)で披露 東下町の若連中「宝槌会」

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

城端庵唄を神楽坂(東京)で披露 東下町の若連中「宝槌会」
印刷用ページ
2018年11月8日 南砺市 地域・社会




 南砺市の城端曳山(ひきやま)祭の山町の一つ、東下町の若連中「宝槌(ほうてつ)会」(山下貴大会長)が10、11の両日、東京・神楽坂で開かれる「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」に出演し、伝統の庵唄(いおりうた)を披露する。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて日本の伝統文化を紹介するイベントで、メンバーは城端のアピールにつなげようと、練習に励んでいる。

 イベントは日本文化を発信しようと、東京都歴史文化財団が13年から開催。花街として栄えた神楽坂の町並みを舞台に多彩な伝統芸能ライブを楽しめ、国内外の観光客から人気を集めている。宝槌会は14年のゲスト参加で人気を博し、以来毎年出演している。

 今年は神楽坂が舞台の「空ほの」のほか、「五月雨(さみだれ)」を三味線やしの笛とともに響かせる。

 0Bや地域おこし協力隊員も加わって22人が出演し、団長は古軸裕一市議が務める。10月から城端中心部の古い町家「東町庵」で稽古を積んでいる。

 城端の庵唄は江戸端唄の流れをくむ。松平崇司副会長(36)は「城端で独自に変化した庵唄を、今度は江戸で見てもらう面白いイベント。曳山祭の素晴らしさを伝えられればうれしい」と話している。

© 北日本新聞


まちのニュース
なんと未来支援センター開所   4月1日(4/19)

城端分団屯所壁画除幕式  3月31日                (4/19)

三井アウトレットパーク北陸小矢部杯ホッケー大会 3月30日・31日(4/19)

チューリップフェアPR隊 TST来社  4月4日(4/15)

JR砺波駅前バス停リニューアル  3月27日(4/15)



北日本新聞ニュース
石動曳山祭でトイレ開放(4/24)

新天皇即位で記帳所(4/24)

金賞に三輪さん 津沢中武者絵コンクール(4/24)

アウトレット横に日帰り温泉(4/24)

6月1日におやべウオーキング(4/24)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.