「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >相倉に冬の足音 伝統の雪囲い手編み

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

相倉に冬の足音 伝統の雪囲い手編み
印刷用ページ
2018年11月9日 南砺市 地域・社会




 五箇山に冬の足音−。ススキを素材に用いた昔ながらの雪囲い「オオダレ」を編む作業が8日、紅葉シーズン終盤の南砺市平地域の世界文化遺産・相倉合掌造り集落で始まった。

 オオダレは標準サイズ約2メートル四方。合掌造り家屋の1階部分を覆うのに使われてきたが、いったん途絶え、同集落保存財団が約10年前に再開させた。集落の雰囲気とマッチする上、トタンの雪囲いよりも保温効果が高いという。

 製作に当たっているのは、古老から技を受け継ぐ石井恵美子さん(77)=同市見座(平)=と中田恭子さん(75)=同市来栖(平)。乾燥したススキを重ね、木製の重しを付けたわら縄で束ねながら、編み上げている。作業は12月末まで行われ、約20枚を仕上げる。

 「オオダレ」は希少価値が高く、平野部の一般家庭から注文が舞い込むほか、福井県大野市の国重要文化財「旧橋本家住宅」の屋根改修にも用いられている。

© 北日本新聞


まちのニュース
小矢部市消防出初式     1月6日(1/14)

南砺市消防出初式   1月5日(1/14)

砺波市消防出初式 1月5日(1/14)

砺波剣友会 新年稽古始め   1月3日(1/14)

富山県柔道連盟砺波支部 稽古始め 1月3日(1/14)



北日本新聞ニュース
半年漬け色鮮やか  上平の赤カブ(1/24)

特産カボチャでマフィン 上平小5年生が手作り(1/24)

野菜生産者と給食楽しむ(1/24)

報告会を年1回以上 砺波市議会、基本条例4月施行(1/24)

病院職員ら護身術学ぶ(1/24)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.