「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >医王山の魅力伝える 福光自然解説員会が小冊子とDVD

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

医王山の魅力伝える 福光自然解説員会が小冊子とDVD
印刷用ページ
2019年4月12日 南砺市 地域・社会




 南砺、金沢両市にまたがる医王山(いおうぜん)の魅力発信に取り組んでいる福光自然解説員会(石崎悟正会長)は、豊かな自然を紹介する小冊子とDVDを制作した。3年間にわたる活性化事業の集大成で、メンバーは「多くの人に手にしてもらいたい」と話している。

 医王山は古くから子どもたちの遠足の場などとして、広く親しまれてきた。しかし、福光自然解説員会によると、2004年にクマの出没が相次いだことを機に、訪れる人が激減。活気ある山の姿を取り戻そうと、同会は市の「協働のまちづくりモデル事業」の認定を受け、土生居(はぶい)弘実行委員長らを中心に活性化に取り組んできた。

 完成した小冊子「医王山LOVE(ラブ)」は、特色ある医王山の自然やトレッキングのコース、楽しみ方などを紹介。約400部を解説員や市内外の図書館に配布し、解説員が山を案内する際に役立てたり、一般登山者らも活用したりできるようにする。

 DVD用の映像をドローンを使って空撮する過程で新しい発見もあった。トンビの頭のような形をした名所「鳶(とんび)岩」の崖の並びに、「三法師」と呼ばれる自然の石仏がある。これまでは3体だと思われていたが、空撮で木の陰に隠れていたもう1体が発見された。

 石崎会長と土生居委員長は「医王山に愛着を持ち、魅力を感じてくれる人を増やしていきたい」と話している。

 医王山の山開きとなる29日にはトレッキングを企画している。参加者のほか、解説員のメンバーも募集している。問い合わせは事務局の井口洋孝さん、電話0763(52)3019。

© 北日本新聞


まちのニュース
なんと未来支援センター開所   4月1日(4/19)

城端分団屯所壁画除幕式  3月31日                (4/19)

三井アウトレットパーク北陸小矢部杯ホッケー大会 3月30日・31日(4/19)

チューリップフェアPR隊 TST来社  4月4日(4/15)

JR砺波駅前バス停リニューアル  3月27日(4/15)



北日本新聞ニュース
外部用トイレに意見相次ぐ 石動コミュニティプラザ設計案(4/26)

会長に大沼さん 小矢部市公民館連絡協(4/26)

フィリピンへ靴200足贈る 小矢部中RC(4/26)

平の湯谷川小水力発電所完成 新日本コンサルタント(4/26)

栴檀山の山菜豊富な定食提供 夢の平コスモス荘(4/26)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.