「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >住民ら防火意識新た 福光大火から40年

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

住民ら防火意識新た 福光大火から40年
印刷用ページ
2019年4月12日 南砺市 地域・社会




 福光大火を教訓に、地域の安全を祈る火伏祈願祭が、発生から40年の節目に当たる11日、南砺市福光(西町)の火伏神社であった。住民や消防関係者ら約30人が防火意識を新たにした。

 大火は1979年4月11日午後3時50分ごろ発生。フェーン現象の影響で燃え広がり、中心部の116棟を全半焼し242人の被災者を出した。

 神事は発生時間帯に合わせて執り行われた。祝詞奏上に続き、岩城春男火伏神社奉賛会長、中川善一郎西町町内会長、蟹野正男いつついし自治会長らが玉串をささげた。

 岩城奉賛会長は発生時の状況を振り返り「二度と繰り返さないよう火の用心を心掛け、安全なまちを保持していきたい」とあいさつした。

 福光中心部では1791(寛政3)年にも大火が発生し、368棟を焼いた。火災の拡大を防いだとされる「火伏石」を守護神として、宇佐八幡宮から鎮火場所である西町に移し、祭っている。

© 北日本新聞


まちのニュース
第18回 若鶴 蔵祭り   5月25日(6/10)

おやべの獅子舞祭  5月25日・26日(6/10)

高瀬西公民館 県民ふるさと大賞受賞報告  5月24日(6/10)

砺波市民大学「学遊塾」開講式      5月23日(6/10)

小学生のふれあい看護体験(5月20日)(6/10)



北日本新聞ニュース
桜クリエ、指定管理移行後は柔軟に活用へ 南砺市(6/19)

南砺市民病院長「蘇生拒否、本人の意思尊重を」 県内救急隊員が研修(6/19)

砺波で「みやの森カフェ」の本出版記念シンポ(6/19)

107年ぶり本尊動座式 砺波・西蓮寺(6/19)

災害に備え救助訓練 配水池で砺波地域消防組合(6/19)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.