「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >獅子舞の衣装新調

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

獅子舞の衣装新調
印刷用ページ
2019/4/22 小矢部市 スポーツ・文化


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/k19042201.jpg


 小矢部市松尾地区の獅子舞保存会が踊り子の衣装などを新調し、21日に地元の神社で祝賀会を開いた。児童の増加で衣装が足りなくなったのがきっかけで、関係者が伝統を受け継ぐ決意を新たにした。

 松尾地区の獅子舞は約80年の歴史があり、獅子と踊り子が楽しく勇壮に踊る。踊り手は主に小学生が担い、地元神社の祭礼に合わせて4月と8月に獅子舞祭りを行う。

 獅子方の青年団員の不足などで獅子舞を続けるのも難しくなっていたが、約10年前から若者のUターンが相次ぎ、児童が少しずつ増加。2年前に小学生8人が加わったことから、踊り子や獅子方の衣装、道具などを新しくした。

 祝賀会で小中学生計16人が真新しい衣装で舞を披露。中田幸男区長が「地域の団結や絆につながる大切な伝統文化を継承していきたい」とあいさつ。桜井森夫市長と筱岡貞郎県議が祝辞を述べた。
 小矢部市松尾地区の獅子舞保存会が踊り子の衣装などを新調し、21日に地元の神社で祝賀会を開いた。児童の増加で衣装が足りなくなったのがきっかけで、関係者が伝統を受け継ぐ決意を新たにした。

 松尾地区の獅子舞は約80年の歴史があり、獅子と踊り子が楽しく勇壮に踊る。踊り手は主に小学生が担い、地元神社の祭礼に合わせて4月と8月に獅子舞祭りを行う。

 獅子方の青年団員の不足などで獅子舞を続けるのも難しくなっていたが、約10年前から若者のUターンが相次ぎ、児童が少しずつ増加。2年前に小学生8人が加わったことから、踊り子や獅子方の衣装、道具などを新しくした。

 祝賀会で小中学生計16人が真新しい衣装で舞を披露。中田幸男区長が「地域の団結や絆につながる大切な伝統文化を継承していきたい」とあいさつ。桜井森夫市長と筱岡貞郎県議が祝辞を述べた。

© 北日本新聞


まちのニュース
チューリップマルシェ 6月13日(6/29)

出町青葉幼稚園 花の日プレゼント 6月29日〜放送(6/29)

川田ニットが南砺市に布マスクを寄贈 6月8日(6/29)

洋画「Sparkling!」-2020in庄川展(6/29)

大谷小学校「交通安全教室」 6月19日(6/29)



北日本新聞ニュース
「ねつおくり」の代わりに七夕飾りで彩り(7/2)

南砺市役所統合庁舎が開庁 福光、旧4町行政機能集約(7/2)

「感謝」胸に戦って 南砺福野高OB会、野球部員へマスク(7/2)

砺波福光線整備事業計画を承認 促進期成同盟会(7/2)

車体長さ制限27日に撤廃 高岡砺波スマートIC(7/2)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.