「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >コウゾ畑に電気柵 カモシカ被害防げ 東中江和紙加工生産組合

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

コウゾ畑に電気柵 カモシカ被害防げ 東中江和紙加工生産組合
印刷用ページ
2019/5/24 南砺市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/k19052404.jpg


 南砺市平地域の東中江和紙加工生産組合(宮本友信組合長)が利用する原料のコウゾをカモシカから守るため、同組合員や和紙を文化財修復に活用している関係者らが23日、電気柵を同市杉尾(平)の畑に設置した。

 同組合はコウゾの栽培から和紙製造まで手掛ける。コウゾ100%で作られる和紙は「悠久(ゆうきゅう)紙」と呼ばれ、名古屋城や勝興寺(高岡市)などの文化財修復に使われている。

 電気柵は、カモシカが好むコウゾの新芽が出る時期に合わせて用意。宮本組合長や同組合の和紙を活用している石川県文化財保存修復協会(金沢市)のメンバー6人が、約1・5ヘクタールの畑の周囲にポールを立て、約1・2キロにわたって電線を張り巡らせた。収穫する10月下旬まで電気を流し、カモシカの侵入を防ぐ。
 南砺市平地域の東中江和紙加工生産組合(宮本友信組合長)が利用する原料のコウゾをカモシカから守るため、同組合員や和紙を文化財修復に活用している関係者らが23日、電気柵を同市杉尾(平)の畑に設置した。

 同組合はコウゾの栽培から和紙製造まで手掛ける。コウゾ100%で作られる和紙は「悠久(ゆうきゅう)紙」と呼ばれ、名古屋城や勝興寺(高岡市)などの文化財修復に使われている。

 電気柵は、カモシカが好むコウゾの新芽が出る時期に合わせて用意。宮本組合長や同組合の和紙を活用している石川県文化財保存修復協会(金沢市)のメンバー6人が、約1・5ヘクタールの畑の周囲にポールを立て、約1・2キロにわたって電線を張り巡らせた。収穫する10月下旬まで電気を流し、カモシカの侵入を防ぐ。

© 北日本新聞


まちのニュース
おやべ飲食店 テイクアウトドライブスルー  5月16日(5/25)

サンズコーポレーションが南砺市にマスク寄贈 4月27日(5/25)

般若地区 猪用電気柵整備事業  4月26日(5/25)

株式会社「三喜有」が砺波市に寄付金を贈呈 4月23日(5/25)

チューリップスカイウォーク命名者認定式  4月22日(5/25)



北日本新聞ニュース
終末期用住宅や診療施設上棟式 社団法人ものがたりの街(5/28)

市に50万円寄付 中山工業(5/28)

国勢調査本部を設置(5/28)

合掌集落の閉鎖、6月1日解除(5/28)

中国画家から激励の書 日中交流協会に届く(5/27)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.