「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >107年ぶり本尊動座式 砺波・西蓮寺

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

107年ぶり本尊動座式 砺波・西蓮寺
印刷用ページ
2019年6月19日 砺波市 地域・社会




 本堂改修に伴い、砺波市庄川町三谷の西蓮寺は18日、同所で本尊を仮本堂に移す動座式を、大正元年以来107年ぶりに開いた。2020年の親鸞聖人750回御遠忌法要の記念事業を兼ねており、山脇旬住職(45)は「御門徒さんのおかげでこの日を迎えることができ感慨深い」と話した。

 本堂は約230年前に建てられた。今回の修繕は大正元年以来2度目。本尊を安置する宮殿と本殿の床などの金箔(きんぱく)、漆を全て塗り直す。修繕費は門徒の寄付を充てた。

 動座式には、門徒ら約60人が出席した。南砺市藤橋(井波)の妙蓮寺の竹部俊恵住職による法話があり、山脇住職や地元の僧侶が仏事を行った。木箱に納めた本尊を大正時代にも使用された高さ80センチ、幅70センチ、奥行き150センチの籠に入れ、役員の門徒2人が担いだ。出席者が見守る中、仮本堂とする庫裏へ運んだ。

 本堂の工事は来年5月2、3日の御遠忌法要までに完成する予定。今後、同月3日に行う帰敬(ききょう)式(おかみそり)を受ける人と稚児を募集する。山脇住職は「来年の法要には多くの御門徒さんに来ていただきたい」と話した。

© 北日本新聞


まちのニュース
南砺福野高校 巖浄閣企画展  9月21日〜29日(10/14)

福光防火大会  9月22日(10/14)

南砺市小規模多機能自治 取り組み発表会 9月22日(10/14)

小矢部市総合防災訓練   9月22日(10/14)

安野光雅展 絵本とデザインの仕事 9月7日〜10月20日(10/14)



北日本新聞ニュース
野沢さん(小矢部)会員に推挙 二紀展(10/18)

特産ヤーコン新商品 小矢部の生産団体、かす漬けや餅など4種類(10/18)

村田さん(射水)総合優勝 小矢部で北陸ウェルフェアゴルフ(10/18)

永森社長が講演 小矢部市児童ク育成連絡協とスポ少野球部会(10/18)

ボウリングで交流 小矢部中RCと福祉作業所「あけぼの」(10/18)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.