「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >「特産かき氷」あすから提供

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

「特産かき氷」あすから提供
印刷用ページ
2019年8月9日 小矢部市 地域・社会




 関東の学生団体「Volante(ボランチ)」の9人が8日、小矢部市を訪れ、市特産を使ったオリジナルかき氷を提供するため活動を始めた。3泊4日の日程で滞在し、10日に市内のカフェで販売する。

 ボランチは地域活性化や商品開発などに取り組む。今回のプロジェクトは、高岡市出身の金谷智さんが社長を務めるIT企業「LX(エルエックス) DESIGN(デザイン)」が富山の活性化につなげようと企画した。学生たちは日本橋とやま館での事前研修などで小矢部市の魅力に理解を深め、かき氷2種類を開発した。

 「魔法と金魚鉢かき氷」は蜂蜜とフルーツ、「甘桃と夏の雪解け」はモモと卵で作り、同市の産品を使用。若者の感覚を生かした見た目で、いずれも市内で採れたミントをあしらう。同市安楽寺の「カフェ バッシュワーバリー」で10日午前11時から各限定50食で提供する。価格は千円。

 8日は同市水落の「ひかりファーム」で小倉豊明社長から説明を聞き、モモを仕入れた。9日に観光スポットを巡り、滞在中は会員制交流サイト(SNS)で取り組みや市の魅力を発信する。

 プロジェクトリーダーを務める実践女子大2年の品田梨花さんは「おいしいモモを生かして小矢部の良さを伝えたい」と意気込んでいる。

© 北日本新聞


まちのニュース
津沢小矢部川清掃美化活動  11月16日(12/2)

納税表彰式   11月13日(12/2)

花ろまん教室作品展「ハーモニー」  11月9日・10日(12/2)

税を考える週間 啓発活動 11月8日(12/2)

南砺福野高校アクティブイングリッシュルーム公開授業    11月5日(12/2)



北日本新聞ニュース
本年度の活動を報告 人権擁護委協小矢部地区委員会(12/6)

ホッケー西日本小学生の優勝報告 おやべスポーツクラブ(12/6)

ホッケー国際大会の優勝報告 小矢部の中学生(12/6)

三神さん(静岡)最優秀賞 城端むぎやフォトコン(12/6)

五穀豊穣に感謝 城端・級長戸辺神社(12/6)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.