「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >核廃絶願い彫刻ゴジラ 井波彫刻師、音琴さん(長崎出身)

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

核廃絶願い彫刻ゴジラ 井波彫刻師、音琴さん(長崎出身)
印刷用ページ
2019年8月14日 南砺市 地域・社会




 長崎県出身の井波彫刻師、音琴(ねごと)冰春(すいしゅん)さん(59)=砺波市杉木=が核廃絶への願いを込め、水爆実験で目覚めた怪獣ゴジラをモチーフにした高さ約70センチの彫刻作品を作った。南砺市のいなみ木彫りの里で展示し、世界平和の大切さを呼び掛けている。

 音琴さんは長崎県大村市出身で、親戚や同級生には被爆2世がいる。富山と被爆地との原爆に対する温度差を感じていたという。2013年からほぼ毎年、広島・長崎に原爆が投下された8月に合わせ、核廃絶を訴えるための彫刻作品を制作している。

 これまで、自由の女神や折り鶴などを題材にしてきた。ゴジラは水爆実験で目覚めた怪獣。子どもから大人まで多くの日本人になじみがあるため、関心を持ってもらいやすいと考え、今回の作品のモチーフに選んだ。

 作品は、高さ約70センチ、幅約150センチ、奥行き約40センチ。スギを使い、のみとチェーンソーで7月下旬から約2週間かけて制作した。原子爆弾と爆弾を投下したB29に、ゴジラが力強く火炎を吹き掛けている姿を表現。足下には、片足鳥居など廃墟になった長崎の風景をイメージした。

 作品はいなみ木彫りの里で15日すぎまで展示している。音琴さんは「井波彫刻師として、作品を通じ、核廃絶や世界平和を表現することができる。今後も、長崎出身者として戦争や原爆の怖さを伝えていきたい」と話している。

© 北日本新聞


まちのニュース
クロスランド 盆踊り&花火大会 8月3日(8/12)

第26回 中学生清流展   7月27日〜8月18日(8/12)

第64回 なんと福光ねつおくり七夕祭り 7月25日〜28日(8/12)

荒木ねつおくり祭り  7月22日(8/12)

第18回 砺波市書道連盟展  7月20日〜28日(8/12)



北日本新聞ニュース
野球技術プロに学ぶ(8/22)

標語入りうちわで食中毒予防PR(8/22)

要介護認定率18.8%(8/22)

保育所・幼稚園の再編基準案了承(8/22)

5議案を可決(8/22)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.