「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >台湾で富山の米菓直売 日の出屋製菓

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

台湾で富山の米菓直売 日の出屋製菓
印刷用ページ
2019年8月23日 南砺市 地域・社会




 日の出屋製菓産業(南砺市田中・福光、川合声一社長)は、台湾の大型商業施設で初の海外店舗をオープンした。主力の「しろえびせんべい」をはじめ約30種類の商品を直送し、富山米を使った高品質の米菓を発信する。富山の観光名所や物産のPRコーナーを設け、県内への誘客にもつなげる。

 日の出屋製菓産業によると、日本の米菓メーカーが海外に直営店を出すのは初めて。台北市の中心部に1月にオープンした商業施設「微風(ブリーズ)南山アトレ」に今月、約100平方メートルの売り場を設けた。一帯は百貨店や高級ホテルが並ぶ台湾のファッションなどの発信地で、多くの集客が見込めると判断した。

 国内向けの商品をそのまま提供し、県産素材にこだわった米菓の魅力を伝える。海外に製造工場を構え、現地の材料を使った製品を販売している大手メーカーとの差別化を図る。

 販売だけではなく、富山の自然や文化の発信拠点としての機能も持つ。同社は近年、自社工場に外国人観光客を積極的に呼び込んでいる。昨年11月には工場併設の「ささら屋立山本店」(立山町沢端)をリニューアル。カフェスペースを拡充し、工場見学用の通路も改装した。

 台湾の店舗では工場の様子や商品の製法を映像で紹介している。

 人口減少で国内消費の落ち込みが見込まれる中、同社は海外展開に力を入れる。2月に海外事業の専門部署を新設。台湾のほか、香港やシンガポール、米国への輸出を本格的に始めた。今回オープンした台湾の店舗を拠点として、東南アジアの販路開拓をさらに加速させる考えだ。

 川合社長は「海外での販売と訪日外国人の誘客の両面から、富山の米菓のファンを増やしていきたい」と話している。

© 北日本新聞


まちのニュース
第27回ザ雪合戦なんと2020・第7回スポーツ雪合戦日本選手権大会予選会 1月26日(2/10)

第19回スポーツ雪合戦 全国小学生大会 1月26日(2/10)

クロスランド キッズユニホックゲーム2020  1月25日(2/10)

学校給食週間 会食会    1月23日(2/10)

第18回なんと版画年賀状公募展 1月18日(2/10)



北日本新聞ニュース
社会教育充実誓う 小矢部市教育大会(2/17)

トイレ清掃、心もピカピカ おやべ掃除に学ぶ会(2/17)

一年の無事祈る 城端・法乗寺で涅槃会(2/17)

子どもたちティーボール体験 南砺福野(2/17)

古布リメーク膝掛けを贈る 憶念寺に地元住民(2/17)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.