「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >イノシシの豚コレラ対策、ワクチン摂取率56%

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

イノシシの豚コレラ対策、ワクチン摂取率56%
印刷用ページ
2019年9月12日 小矢部市 地域・社会

 養豚場の豚コレラ感染を防ぐため、小矢部市内で8月下旬に散布された野生イノシシ向けの経口ワクチンは全体の56%が摂取された。11日の市議会本会議で、石田義弘氏の一般質問に桜井森夫市長が答えた。

 同市には養豚場が1カ所あり、8月26日に市内25カ所で経口ワクチン計500個を散布した。今月2日に回収すると、約280個が食べられていた。2度摂取すれば完全に抗体ができるとされ、今月下旬に2回目の散布を予定する。

 豚コレラ対策を巡っては、県内全ての養豚場が地域を限定した豚へのワクチン接種を求め、県も国に検討を要請している。市長は「県と同様の考え方で対応する」とした。

 2018年度に始まった高岡広域エコ・クリーンセンターでのイノシシの焼却処理への質問は、高木利一産業建設部長が答弁。19年度は今月6日までで焼却実績は60頭と全体捕獲数の23%にとどまった。高木部長は関係者と意見交換し、より利用しやすい制度へ見直しを進めているとした。

 この他、藤本雅明、出合和仁両氏が代表質問、白井中、加藤幸雄、林登、中田正樹各氏が一般質問した。

© 北日本新聞


まちのニュース
第27回ザ雪合戦なんと2020・第7回スポーツ雪合戦日本選手権大会予選会 1月26日(2/10)

第19回スポーツ雪合戦 全国小学生大会 1月26日(2/10)

クロスランド キッズユニホックゲーム2020  1月25日(2/10)

学校給食週間 会食会    1月23日(2/10)

第18回なんと版画年賀状公募展 1月18日(2/10)



北日本新聞ニュース
防火活動で福光南部小の5人表彰(2/21)

棟方生誕120周年へ資料保存・電子化(2/21)

田中市長「満足度高い編成」(2/21)

生徒健診で肥満対策(2/21)

お年寄り対応の移動サービス実験(2/21)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.