「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >診断精度向上に最新MRI 砺波総合病院が更新

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

診断精度向上に最新MRI 砺波総合病院が更新
印刷用ページ
2019/10/9 砺波市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/k19100901.jpg


 砺波市の砺波総合病院は磁気共鳴画像装置(MRI)を更新し、8日、報道関係者に公開した。従来機に比べ鮮明な画像を得られ、検査時間も短くできる。

 2台あるMRIのうち2006年に購入した装置を更新した。新機は、磁場の強さが従来機の2倍の3T(テスラ)で、県内の医療機関では7台目の3T型という。

 高画質のため頭部の細かな血管の状態がより分かりやすくなったり、約20分掛かった検査が約15分で済んで患者の負担を減らしたりする効果が期待できる。体を入れるトンネル部分も従来機より直径が10センチ長く、圧迫感が少ないという。

 オランダの医療機器メーカー製で事業費は工事費を含め1億6729万円。1日から運用している。
 砺波市の砺波総合病院は磁気共鳴画像装置(MRI)を更新し、8日、報道関係者に公開した。従来機に比べ鮮明な画像を得られ、検査時間も短くできる。

 2台あるMRIのうち2006年に購入した装置を更新した。新機は、磁場の強さが従来機の2倍の3T(テスラ)で、県内の医療機関では7台目の3T型という。

 高画質のため頭部の細かな血管の状態がより分かりやすくなったり、約20分掛かった検査が約15分で済んで患者の負担を減らしたりする効果が期待できる。体を入れるトンネル部分も従来機より直径が10センチ長く、圧迫感が少ないという。

 オランダの医療機器メーカー製で事業費は工事費を含め1億6729万円。1日から運用している。

© 北日本新聞


まちのニュース
第27回中学生清流展 7月6日(月)(8/3)

尾ア真理展 ワークショップ 7月26日(8/3)

ピースロードとなみ野 7月19日(8/3)

となみセントラルライオンズクラブ 中学校野球部に試合球贈呈 7月17日(8/3)

石動駅景観照明施設点灯式 7月17日(7/27)



北日本新聞ニュース
防火の心伝えます 南部小5年が少年消防クラブ入隊(8/7)

南砺市「CO2ゼロ」宣言 50年までに(8/7)

避難所の運営マニュアル策定 コロナ対策盛り込む(8/7)

小中統廃合来月に検討委設置 南砺市(8/7)

公共施設再編、進ちょく30.9% 南砺市(8/7)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.