「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >れんが製かまど、産業観光の目玉に

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

れんが製かまど、産業観光の目玉に
印刷用ページ
2020年2月14日 砺波市 地域・社会




 若鶴酒造(砺波市三郎丸)が建設を進めている産業観光の新たな拠点施設「令和蔵」で13日、社員の有志がかまどを手作りした。ウイスキーのたるを燃料として再利用し、イベントなどで炊きたてのご飯やピザ、地元食材の薫製を提供する計画。施設は3月23日にオープンする。

 かまどは、有機農業の普及に取り組む全国愛農会(三重県)が物資の少ない戦後期に考案した「愛農かまど」を採用。燃料効率が良い構造で、少ないまきで上手に調理できるのが特長とされる。

 同会メンバーの野呂由彦さん(60)=三重県多気町=の指導の下、社員8人がれんがを組み、モルタルで固定していった。

 完成したかまどを使った調理体験を、産業観光の新たな目玉にする。ウイスキーのたるで香り付けした薫製と、自社の酒との取り合わせを楽しむイベントなども検討している。

 稲垣貴彦取締役は「地元の酒と食材の魅力を発信する場所にしたい」と語る。

 令和蔵は木造平屋建て182平方メートル。若鶴酒造にとっては「大正蔵」「昭和蔵」に続き、元号を冠した三つ目の施設になる。外国人観光客の増加に対応し、県内の酒造メーカーでは初となる免税店を設け、物販機能も充実させる。

© 北日本新聞


まちのニュース
第27回ザ雪合戦なんと2020・第7回スポーツ雪合戦日本選手権大会予選会 1月26日(2/10)

第19回スポーツ雪合戦 全国小学生大会 1月26日(2/10)

クロスランド キッズユニホックゲーム2020  1月25日(2/10)

学校給食週間 会食会    1月23日(2/10)

第18回なんと版画年賀状公募展 1月18日(2/10)



北日本新聞ニュース
市民図書館開館で記念事業企画(2/20)

山並み意識した外観、蟹谷こども園完成(2/20)

国体県勢、距離リレー初優勝(2/20)

じょうはな座で国体表彰式(2/20)

最優秀句に渡辺さん(2/20)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.