「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >小矢部市民図書館が開館

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

小矢部市民図書館が開館
印刷用ページ
2020/3/27 小矢部市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_46658_1.jpg


駅併設の小矢部市民図書館が開館

駅併設の小矢部市民図書館が開館
 新しい小矢部市民図書館が26日開館した。あいの風とやま鉄道石動駅に併設で、利用者の目標は年間10万人。街の活性化の新たな拠点として期待される。

 「石動駅周辺整備事業」の一環として、総事業費10億5千万円を投じ、旧市民図書館と分室のおとぎの館図書室を移転集約した。鉄骨2階建てで、延べ床面積1695平方メートル。計18万冊収蔵する。

 2階の閲覧席側の壁は一面ガラス張りで、明るく開放的な雰囲気。桜町遺跡など郷土の文化や、木曽義仲と巴御前ら歴史上の人物を紹介する「ふるさとコーナー」もある。

 1階の「おとぎのひろば」「おはなしのへや」の各コーナーでは読み聞かせが楽しめる。国立国会図書館の資料の閲覧や複写ができるデジタルアーカイブ対応端末も整備した。

 開館と同時に多くの家族連れや高校生らが詰め掛けた。4月に石動中学校に入学する小矢部市埴生、上奥美波さんは「本がたくさんあって驚いた。いっぱい読んでみたい」と話していた。開館式には約40人が出席。桜井森夫市長が「市民が知的好奇心を高められる交流施設になってほしい」とあいさつ。福島正力市議会議長、筱岡貞郎県議会副議長らが祝辞を述べた。
 新しい小矢部市民図書館が26日開館した。あいの風とやま鉄道石動駅に併設で、利用者の目標は年間10万人。街の活性化の新たな拠点として期待される。

 「石動駅周辺整備事業」の一環として、総事業費10億5千万円を投じ、旧市民図書館と分室のおとぎの館図書室を移転集約した。鉄骨2階建てで、延べ床面積1695平方メートル。計18万冊収蔵する。

 2階の閲覧席側の壁は一面ガラス張りで、明るく開放的な雰囲気。桜町遺跡など郷土の文化や、木曽義仲と巴御前ら歴史上の人物を紹介する「ふるさとコーナー」もある。

 1階の「おとぎのひろば」「おはなしのへや」の各コーナーでは読み聞かせが楽しめる。国立国会図書館の資料の閲覧や複写ができるデジタルアーカイブ対応端末も整備した。

 開館と同時に多くの家族連れや高校生らが詰め掛けた。4月に石動中学校に入学する小矢部市埴生、上奥美波さんは「本がたくさんあって驚いた。いっぱい読んでみたい」と話していた。開館式には約40人が出席。桜井森夫市長が「市民が知的好奇心を高められる交流施設になってほしい」とあいさつ。福島正力市議会議長、筱岡貞郎県議会副議長らが祝辞を述べた。

© 北日本新聞


まちのニュース
おやべ飲食店 テイクアウトドライブスルー  5月16日(5/25)

サンズコーポレーションが南砺市にマスク寄贈 4月27日(5/25)

般若地区 猪用電気柵整備事業  4月26日(5/25)

株式会社「三喜有」が砺波市に寄付金を贈呈 4月23日(5/25)

チューリップスカイウォーク命名者認定式  4月22日(5/25)



北日本新聞ニュース
学校あり方検討委設置へ市議会が提言書(5/26)

南砺市にマスク5670枚寄贈 セルフ・エー(5/26)

福野東部地区振興会、全世帯に七夕の短冊(5/26)

城端の店で購入、買い物券プレゼント(5/26)

新名所スカイウォーク開通 砺波チューリップ公園(5/26)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.