「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >源氏ケ峰への道復活へ

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

源氏ケ峰への道復活へ
印刷用ページ
2020/3/27 小矢部市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_46660_1.jpg


平氏軍最前線の源氏ケ峰への古道復活へ

平氏軍最前線の源氏ケ峰への古道復活へ
 小矢部市の「北蟹谷史跡愛護会」(水口久太郎会長)のメンバーが26日、源平倶利伽羅合戦で平氏軍の最前線だった「源氏ケ峰」につながる尾根伝いの古道を復活させようと、作業に取り組んだ。一帯を周遊しやすくし、源平ロマンの魅力を伝えていきたい考えだ。

 2016年発足の北蟹谷史跡愛護会は、地元住民でつくり、地区の史跡や文化財の保全を進めている。

 これまで源氏ケ峰へは北側の源平ラインから往来する道しかなかった。南側の松尾集落につながる松尾古道から尾根伝いの古道を整備することで、南北からたどり着けるようになる。

 尾根伝いの古道は、平氏を打ち破ろうと源氏が7隊に分かれて攻め上がり、うち1隊を巴御前が率いたと伝わる。メンバー6人が幅1・5メートル、長さ約800メートルにわたりチェーンソーでササを刈った。今後案内板を取り付け、6月には歩けるようにしたいという。

 源氏ケ峰の南西に位置する「千歳(せんざい)が瀧」への歩道も整備している。一帯に複数の周遊コースができ「祈りとロマンの回峰(かいほう)路」と名付けてPRしていく。水口会長(80)は「多くの人に歩いてもらい、源平ロマンに思いをはせてほしい」と話した。
 小矢部市の「北蟹谷史跡愛護会」(水口久太郎会長)のメンバーが26日、源平倶利伽羅合戦で平氏軍の最前線だった「源氏ケ峰」につながる尾根伝いの古道を復活させようと、作業に取り組んだ。一帯を周遊しやすくし、源平ロマンの魅力を伝えていきたい考えだ。

 2016年発足の北蟹谷史跡愛護会は、地元住民でつくり、地区の史跡や文化財の保全を進めている。

 これまで源氏ケ峰へは北側の源平ラインから往来する道しかなかった。南側の松尾集落につながる松尾古道から尾根伝いの古道を整備することで、南北からたどり着けるようになる。

 尾根伝いの古道は、平氏を打ち破ろうと源氏が7隊に分かれて攻め上がり、うち1隊を巴御前が率いたと伝わる。メンバー6人が幅1・5メートル、長さ約800メートルにわたりチェーンソーでササを刈った。今後案内板を取り付け、6月には歩けるようにしたいという。

 源氏ケ峰の南西に位置する「千歳(せんざい)が瀧」への歩道も整備している。一帯に複数の周遊コースができ「祈りとロマンの回峰(かいほう)路」と名付けてPRしていく。水口会長(80)は「多くの人に歩いてもらい、源平ロマンに思いをはせてほしい」と話した。

© 北日本新聞


まちのニュース
おやべ飲食店 テイクアウトドライブスルー  5月16日(5/25)

サンズコーポレーションが南砺市にマスク寄贈 4月27日(5/25)

般若地区 猪用電気柵整備事業  4月26日(5/25)

株式会社「三喜有」が砺波市に寄付金を贈呈 4月23日(5/25)

チューリップスカイウォーク命名者認定式  4月22日(5/25)



北日本新聞ニュース
学校あり方検討委設置へ市議会が提言書(5/26)

南砺市にマスク5670枚寄贈 セルフ・エー(5/26)

福野東部地区振興会、全世帯に七夕の短冊(5/26)

城端の店で購入、買い物券プレゼント(5/26)

新名所スカイウォーク開通 砺波チューリップ公園(5/26)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.