「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >篭渡の獅子舞に協力隊員 東京出身の林さん

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

篭渡の獅子舞に協力隊員 東京出身の林さん
印刷用ページ
2020/3/31 南砺市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_46669_1.jpg


 南砺市篭渡(かごど)(平)の春祭りに向け、獅子舞を継承する篭渡青友会は29日夜、今年の練習を始めた。同市の地域おこし協力隊員、林賢二さん(34)=東京都出身=が初めて参加。同会メンバーは「貴重な担い手になってくれるはず」と歓迎している。

 篭渡の獅子舞は加賀藩の流刑人、横井大治良(だいじろう)が伝え、五箇山で最も歴史があるといわれる。胴幕に9人が入る百足獅子で、獅子取りと獅子が闘うように躍動的に演舞する。加賀獅子の流れをくみ、棒となぎなたを使った演目もある。

 昨年11月に協力隊員となった林さんは篭渡に暮らし、平地域づくり協議会に勤務する。フリーカメラマンとしてドキュメンタリーの制作にも携わっている。「永住目的で来たので、獅子舞の参加は当然」と話す。

 篭渡泉荘で行われた練習には約25人が参加した。林さんは80代の青友会OBの笛や太鼓の演奏を記録した後、「8の字を描くように獅子の鼻先を動かして」などとアドバイスを受け、見よう見まねで体を動かした。「動きの意味を理解し、基礎からしっかりと自分のものにしたい」と言う。

 4月30日と5月1日の獅子舞披露に向け、練習が続く。自身も移住者の浦田謙太郎同会会長(50)は「祭りを経て、地域の一員としてなじんでほしい」と話している。
 南砺市篭渡(かごど)(平)の春祭りに向け、獅子舞を継承する篭渡青友会は29日夜、今年の練習を始めた。同市の地域おこし協力隊員、林賢二さん(34)=東京都出身=が初めて参加。同会メンバーは「貴重な担い手になってくれるはず」と歓迎している。

 篭渡の獅子舞は加賀藩の流刑人、横井大治良(だいじろう)が伝え、五箇山で最も歴史があるといわれる。胴幕に9人が入る百足獅子で、獅子取りと獅子が闘うように躍動的に演舞する。加賀獅子の流れをくみ、棒となぎなたを使った演目もある。

 昨年11月に協力隊員となった林さんは篭渡に暮らし、平地域づくり協議会に勤務する。フリーカメラマンとしてドキュメンタリーの制作にも携わっている。「永住目的で来たので、獅子舞の参加は当然」と話す。

 篭渡泉荘で行われた練習には約25人が参加した。林さんは80代の青友会OBの笛や太鼓の演奏を記録した後、「8の字を描くように獅子の鼻先を動かして」などとアドバイスを受け、見よう見まねで体を動かした。「動きの意味を理解し、基礎からしっかりと自分のものにしたい」と言う。

 4月30日と5月1日の獅子舞披露に向け、練習が続く。自身も移住者の浦田謙太郎同会会長(50)は「祭りを経て、地域の一員としてなじんでほしい」と話している。

© 北日本新聞


まちのニュース
おやべ飲食店 テイクアウトドライブスルー  5月16日(5/25)

サンズコーポレーションが南砺市にマスク寄贈 4月27日(5/25)

般若地区 猪用電気柵整備事業  4月26日(5/25)

株式会社「三喜有」が砺波市に寄付金を贈呈 4月23日(5/25)

チューリップスカイウォーク命名者認定式  4月22日(5/25)



北日本新聞ニュース
御影石でスマホスタンド 井波の石材店、会議など活用見込む(5/29)

採掘跡への山道整備 金屋石を語る会(5/29)

理事長に石崎さん 福光商業会(5/29)

終末期用住宅や診療施設上棟式 社団法人ものがたりの街(5/28)

市に50万円寄付 中山工業(5/28)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.