「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >となみチューリップフェア中止 公園は無料開放

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

となみチューリップフェア中止 公園は無料開放
印刷用ページ
2020/3/31 砺波市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_46670_1.jpg


 砺波市、市花と緑と文化の財団、市観光協会は30日、市役所でチューリップフェア推進協会会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大防止のため第69回となみチューリップフェア(4月22〜5月5日)の中止を決めた。1952(昭和27)年の第1回以来初めて。

 フェアは毎回30万人前後が来場する県内を代表する大型イベントで、例年300品種300万本が会場を彩る。中止に伴い、長さ30メートルの回廊「花の大谷」などは造らず、飲食店の出店もない。既に100万個の球根が植えられた砺波チューリップ公園は通常通り無料開放し、4月末頃まで花を観賞できる。

 東京五輪の延期などを踏まえ、不特定多数が来場する公園で万全な感染対策を整えることは困難と判断した。夏野修市長は会議で「フェアの長い歴史で中止は初めてで残念。来年の第70回は素晴らしいフェアにしたい」と述べた。
 砺波市、市花と緑と文化の財団、市観光協会は30日、市役所でチューリップフェア推進協会会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大防止のため第69回となみチューリップフェア(4月22〜5月5日)の中止を決めた。1952(昭和27)年の第1回以来初めて。

 フェアは毎回30万人前後が来場する県内を代表する大型イベントで、例年300品種300万本が会場を彩る。中止に伴い、長さ30メートルの回廊「花の大谷」などは造らず、飲食店の出店もない。既に100万個の球根が植えられた砺波チューリップ公園は通常通り無料開放し、4月末頃まで花を観賞できる。

 東京五輪の延期などを踏まえ、不特定多数が来場する公園で万全な感染対策を整えることは困難と判断した。夏野修市長は会議で「フェアの長い歴史で中止は初めてで残念。来年の第70回は素晴らしいフェアにしたい」と述べた。

© 北日本新聞


まちのニュース
おやべ飲食店 テイクアウトドライブスルー  5月16日(5/25)

サンズコーポレーションが南砺市にマスク寄贈 4月27日(5/25)

般若地区 猪用電気柵整備事業  4月26日(5/25)

株式会社「三喜有」が砺波市に寄付金を贈呈 4月23日(5/25)

チューリップスカイウォーク命名者認定式  4月22日(5/25)



北日本新聞ニュース
御影石でスマホスタンド 井波の石材店、会議など活用見込む(5/29)

採掘跡への山道整備 金屋石を語る会(5/29)

理事長に石崎さん 福光商業会(5/29)

終末期用住宅や診療施設上棟式 社団法人ものがたりの街(5/28)

市に50万円寄付 中山工業(5/28)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.