「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >最新鋭CT導入 

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

最新鋭CT導入 
印刷用ページ
2020/4/3 南砺市 くらし


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_46684_1.jpg


 南砺市民病院(南砺市井波、清水幸裕院長)は、最新鋭のコンピューター断層撮影装置(CT)を導入し、運用を始めた。短時間で高精度の撮影ができ、患者の負担が大幅に軽くなった。

 導入したのは米国製のデュアルエナジーCT装置。同病院のCT装置の更新は13年ぶりで、従来は1種類のエネルギーによるX線で画像を作成していたが、新たな装置は2種類のエネルギーのX線を使用する。

 短い撮影時間で鮮明な画像ができることに加え、使用する造影剤や撮影時の被ばく量は従来の半分以下に抑えることができる。

 導入費は約1億1800万円。同病院は「病気の早期発見に威力を発揮できるほか、診断精度の向上につながる」としている。
 南砺市民病院(南砺市井波、清水幸裕院長)は、最新鋭のコンピューター断層撮影装置(CT)を導入し、運用を始めた。短時間で高精度の撮影ができ、患者の負担が大幅に軽くなった。

 導入したのは米国製のデュアルエナジーCT装置。同病院のCT装置の更新は13年ぶりで、従来は1種類のエネルギーによるX線で画像を作成していたが、新たな装置は2種類のエネルギーのX線を使用する。

 短い撮影時間で鮮明な画像ができることに加え、使用する造影剤や撮影時の被ばく量は従来の半分以下に抑えることができる。

 導入費は約1億1800万円。同病院は「病気の早期発見に威力を発揮できるほか、診断精度の向上につながる」としている。

© 北日本新聞


まちのニュース
おやべ飲食店 テイクアウトドライブスルー  5月16日(5/25)

サンズコーポレーションが南砺市にマスク寄贈 4月27日(5/25)

般若地区 猪用電気柵整備事業  4月26日(5/25)

株式会社「三喜有」が砺波市に寄付金を贈呈 4月23日(5/25)

チューリップスカイウォーク命名者認定式  4月22日(5/25)



北日本新聞ニュース
御影石でスマホスタンド 井波の石材店、会議など活用見込む(5/29)

採掘跡への山道整備 金屋石を語る会(5/29)

理事長に石崎さん 福光商業会(5/29)

終末期用住宅や診療施設上棟式 社団法人ものがたりの街(5/28)

市に50万円寄付 中山工業(5/28)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.