「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >70年前の民具・方言紹介 砺波郷土資料館が冊子発行

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

70年前の民具・方言紹介 砺波郷土資料館が冊子発行
印刷用ページ
2020/5/22 砺波市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_46858_1.jpg


 砺波市砺波郷土資料館は冊子「伝えたい民具と方言」を発行した。約70年前に砺波地方で使われていた農機具や祭りの道具、方言を写真やイラストを交えて分かりやすく紹介し、当時の暮らしぶりを伝えている。

 元館長の高原徹さん(72)=同市小島=が、若い世代には昭和を生きた人々のたくましい姿を知ってもらい、高齢者には当時を懐かしんでほしいと1年かけて作成した。同館が昨年発行した「民具で歳時記」の続編に当たる。

 「足踏み脱穀機」や、雨や雪の日に着用した「とんびござ」などの民具を取り上げ、住民をモデルにした再現写真や、実際に使っていた人の思い出話のほか、高原さんが描いたイラストを掲載した。

 砺波市では民具6900点が国の重要有形民俗文化財に指定されている。これらの貴重な民具について、古い方言を使って記している。市内21地区で100人以上に聞き取り調査し、地区による方言の違いも明らかにした。

 高原さんは「厳しい時代を生き抜いた人々の知恵や工夫を知ってほしい」と話している。

 冊子はA4判32ページ。500部作成し、公民館や高齢者施設に贈った。市内の小中学校にも配布する。希望者には同館で無料で配る。問い合わせは同館、電話0763(32)2339。
 砺波市砺波郷土資料館は冊子「伝えたい民具と方言」を発行した。約70年前に砺波地方で使われていた農機具や祭りの道具、方言を写真やイラストを交えて分かりやすく紹介し、当時の暮らしぶりを伝えている。

 元館長の高原徹さん(72)=同市小島=が、若い世代には昭和を生きた人々のたくましい姿を知ってもらい、高齢者には当時を懐かしんでほしいと1年かけて作成した。同館が昨年発行した「民具で歳時記」の続編に当たる。

 「足踏み脱穀機」や、雨や雪の日に着用した「とんびござ」などの民具を取り上げ、住民をモデルにした再現写真や、実際に使っていた人の思い出話のほか、高原さんが描いたイラストを掲載した。

 砺波市では民具6900点が国の重要有形民俗文化財に指定されている。これらの貴重な民具について、古い方言を使って記している。市内21地区で100人以上に聞き取り調査し、地区による方言の違いも明らかにした。

 高原さんは「厳しい時代を生き抜いた人々の知恵や工夫を知ってほしい」と話している。

 冊子はA4判32ページ。500部作成し、公民館や高齢者施設に贈った。市内の小中学校にも配布する。希望者には同館で無料で配る。問い合わせは同館、電話0763(32)2339。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
新商品・特産に提言を 小矢部市商工会(1/18)

個性豊かな版画年賀状 福光美術館で公募展(1/18)

腕輪念珠作り体験スタート 南砺市観光協会企画(1/18)

伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.