「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >7月から申し込み受け付け コロナ対策の商品券

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

7月から申し込み受け付け コロナ対策の商品券
印刷用ページ
2020/6/30 砺波市 地域・社会

 砺波市の砺波商議所と庄川町商工会は29日、新型コロナ感染拡大を受けて市が発行するプレミアム付き商品券の販売方法を発表した。7月1日から申し込みを受け付ける。

 商品券は地域経済の回復が狙い。小売店やサービス業などで使える「砺波市プレミアム付商品券」(額面1万2000円)と、飲食店やタクシー・代行運転で使える「グルとな&安心おかえり券」(額面1万3000円)をそれぞれ1万円で販売する。利用期間は8月1日〜2021年1月31日。

 対象は高校生を除く18歳以上の市民で、どちらの商品券も1人2セット購入できる。例えば4人家族なら2種合わせ最大16セット応募可能。

 申し込み用紙は30日の北日本新聞のチラシで配るほか、市、商議所、商工会のホームページからダウンロードできる。1世帯分まとめて記入し、商議所に持参、郵送、ファクスで応募する。締め切りは7月10日午後5時必着。申し込み多数の場合は抽選で購入可能なセット数を決める。当選者に引換券を送り、7月20日から同31日まで市内数カ所に引き換え所を設けて商品券を購入してもらう。

 この日は余西孝之砺波商議所副会頭、沖田孝之市飲食店組合長、荒木満雄となみ観光交通相談役が商議所で記者会見して商品券をPRした。余西副会頭は「各業界はまだ売り上げが戻っていない。商品券を大いに利用してほしい」と話した。
 砺波市の砺波商議所と庄川町商工会は29日、新型コロナ感染拡大を受けて市が発行するプレミアム付き商品券の販売方法を発表した。7月1日から申し込みを受け付ける。

 商品券は地域経済の回復が狙い。小売店やサービス業などで使える「砺波市プレミアム付商品券」(額面1万2000円)と、飲食店やタクシー・代行運転で使える「グルとな&安心おかえり券」(額面1万3000円)をそれぞれ1万円で販売する。利用期間は8月1日〜2021年1月31日。

 対象は高校生を除く18歳以上の市民で、どちらの商品券も1人2セット購入できる。例えば4人家族なら2種合わせ最大16セット応募可能。

 申し込み用紙は30日の北日本新聞のチラシで配るほか、市、商議所、商工会のホームページからダウンロードできる。1世帯分まとめて記入し、商議所に持参、郵送、ファクスで応募する。締め切りは7月10日午後5時必着。申し込み多数の場合は抽選で購入可能なセット数を決める。当選者に引換券を送り、7月20日から同31日まで市内数カ所に引き換え所を設けて商品券を購入してもらう。

 この日は余西孝之砺波商議所副会頭、沖田孝之市飲食店組合長、荒木満雄となみ観光交通相談役が商議所で記者会見して商品券をPRした。余西副会頭は「各業界はまだ売り上げが戻っていない。商品券を大いに利用してほしい」と話した。

© 北日本新聞


まちのニュース
やなぜ苑 パワーアップランチ事業 6月24日(水)(7/6)

郵便局社員が「市オリジナルポロシャツ」で小矢部をPR  6月23日(7/6)

JAとなみ野 たまねぎ出荷開始  6月19日(7/6)

砺波市ホテル・旅館 宿泊割引キャンペーン説明会 6月18日(7/6)

中山工業がとなみ総合支援学校に自動手指消毒器寄贈 6月17日(7/6)



北日本新聞ニュース
カブトムシの羽化見よう JOMONパークで観察会(7/10)

井波「まちなみアート」中止(7/10)

福光の旧和菓子店、ギャラリーに 森松さん実家を改装(7/10)

会長に尾山さん 南砺市美術連合会(7/10)

チューリップ球根良好(7/10)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.