「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >14日から「なんチケ」第2弾

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

14日から「なんチケ」第2弾
印刷用ページ
2020/8/5 南砺市 くらし


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47176_1.jpg


 南砺市内の飲食店や衣料品店などで使えるプレミアム付き商品券の販売が14日始まる。「なんチケプロジェクト」の第2弾で、新型コロナで打撃を受けた地域経済の活性化が目的。参加店は第1弾の28店から233店と大幅に増えた。

 南砺市商工会の青年部、女性部、同友会でつくる実行委員会が企画。3団体に加盟する市内7地区の店舗が対象となる。

 1セット5千円の商品券を参加各店で販売。その店限定で使える1枚千円分の「なんチケ」5枚に、参加店を含む市内約550店舗で使える千円分の「なんと共通商品券」1枚が付く。1店舗につき1人2セットまで購入できる。9月30日まで販売し、使用期限は来年2月末まで。

 プロジェクト実行委員長の中井将司青年部長は「南砺市が一つになり、苦しい状況を乗り越えたい」と話している。
 南砺市内の飲食店や衣料品店などで使えるプレミアム付き商品券の販売が14日始まる。「なんチケプロジェクト」の第2弾で、新型コロナで打撃を受けた地域経済の活性化が目的。参加店は第1弾の28店から233店と大幅に増えた。

 南砺市商工会の青年部、女性部、同友会でつくる実行委員会が企画。3団体に加盟する市内7地区の店舗が対象となる。

 1セット5千円の商品券を参加各店で販売。その店限定で使える1枚千円分の「なんチケ」5枚に、参加店を含む市内約550店舗で使える千円分の「なんと共通商品券」1枚が付く。1店舗につき1人2セットまで購入できる。9月30日まで販売し、使用期限は来年2月末まで。

 プロジェクト実行委員長の中井将司青年部長は「南砺市が一つになり、苦しい状況を乗り越えたい」と話している。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
雪上滑ってスリル満点スノーチューブ体験 砺波・出町小2年生(1/22)

交通安全誓う署名簿を提出 砺波・新成人321人分(1/22)

ハウス・倉庫17棟全壊や一部損壊 小矢部・大雪被害(1/22)

除雪機械の確保目指す 小矢部市長会見(1/22)

大河ドラマ “落選”残念 小矢部市長会見(1/22)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.