「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >富山大生が繊維製品デザイン提案

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

富山大生が繊維製品デザイン提案
印刷用ページ
2020/8/19 小矢部市 くらし


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47191_1.jpg


 県総合デザインセンターの産学官連携事業「とやまデザイン・トライアル」の最終プレゼンテーションが18日、小矢部市の繊維加工業「エイゼット」であり、富山大芸術文化学部の学生が試行錯誤してきた繊維製品のデザインを発表した。

 2016年度から毎年行い、本年度は3年生18人がエイゼットなどを傘下に持つ砺波市のIAAZAJホールディングス(HD)と連携した。企業担当者の協力を得ながら高い染色・加工技術を生かした商品や企画開発に取り組んできた。

 この日は「雨の日」「環境に配慮」「海」といったテーマを基に、3人一組のグループが試作品や商品案を発表。はっ水加工を施した生地に雨粒で立体的な模様をつくり出す手袋やぬれると色が変わる水着、肌触りの良さと吸湿性を備えたベビー服などを提案した。

 同HDの小田浩史社長は「実体験を基にした多彩なアイデアが出てきた。課題をクリアしながら製品を完成させていきたい」と講評した。今後も改良を続け、年末には同HDが運営するオンラインショップで販売する予定。
 県総合デザインセンターの産学官連携事業「とやまデザイン・トライアル」の最終プレゼンテーションが18日、小矢部市の繊維加工業「エイゼット」であり、富山大芸術文化学部の学生が試行錯誤してきた繊維製品のデザインを発表した。

 2016年度から毎年行い、本年度は3年生18人がエイゼットなどを傘下に持つ砺波市のIAAZAJホールディングス(HD)と連携した。企業担当者の協力を得ながら高い染色・加工技術を生かした商品や企画開発に取り組んできた。

 この日は「雨の日」「環境に配慮」「海」といったテーマを基に、3人一組のグループが試作品や商品案を発表。はっ水加工を施した生地に雨粒で立体的な模様をつくり出す手袋やぬれると色が変わる水着、肌触りの良さと吸湿性を備えたベビー服などを提案した。

 同HDの小田浩史社長は「実体験を基にした多彩なアイデアが出てきた。課題をクリアしながら製品を完成させていきたい」と講評した。今後も改良を続け、年末には同HDが運営するオンラインショップで販売する予定。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
新商品・特産に提言を 小矢部市商工会(1/18)

個性豊かな版画年賀状 福光美術館で公募展(1/18)

腕輪念珠作り体験スタート 南砺市観光協会企画(1/18)

伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.