「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >砺波の工芸で楽器製作 藤津神社で奉納演奏

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

砺波の工芸で楽器製作 藤津神社で奉納演奏
印刷用ページ
2020/9/4 砺波市 くらし


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47269_1.jpg


 砺波市苗加の藤津神社(酒井晶正宮司)で3日、「地産地奏の秋まつり」が開かれた。県内外の音楽家らが、砺波地方の木彫や陶芸の技術を生かして製作した楽器で「こきりこ節」を奉納演奏した。(高田莉緒奈)

 酒井宮司が、地元の芸術家や職人の技を取り入れた楽器を広めようと企画した。彫刻家の中嶋外志男さん(71)=南砺市野田(城端)=が古代ギリシアで生まれた弦楽器「ライアー」を製作。越中三助焼窯元、谷口均さん(60)=砺波市福山=が陶製のオカリナを手掛けた。

 この日の演奏は、ライアー奏者の大坂さゆりさん(53)=富山市神通本町=と福明佳子さん(55)=石川県野々市町=が参加。オカリナは寺職員の北川毅さん(60)=同県小松市=が奏でた。歌手の林道美有紀さん(35)=南砺市城端=が歌い、酒井宮司と参拝者13人がこきりこを打ち鳴らして境内に優雅な音色を響かせた。

 今後も砺波や南砺の寺社で演奏会を開き、新しい楽器をPRする。林道さんは「ライアー、オカリナとの共演は初めてだったが、柔らかい音色がこきりこ節の世界観と合っていた」と振り返った。酒井宮司は「砺波地方の伝統工芸や民謡がもっと身近になり、たくさんの人に親しまれるようになってほしい」と語った。
 砺波市苗加の藤津神社(酒井晶正宮司)で3日、「地産地奏の秋まつり」が開かれた。県内外の音楽家らが、砺波地方の木彫や陶芸の技術を生かして製作した楽器で「こきりこ節」を奉納演奏した。(高田莉緒奈)

 酒井宮司が、地元の芸術家や職人の技を取り入れた楽器を広めようと企画した。彫刻家の中嶋外志男さん(71)=南砺市野田(城端)=が古代ギリシアで生まれた弦楽器「ライアー」を製作。越中三助焼窯元、谷口均さん(60)=砺波市福山=が陶製のオカリナを手掛けた。

 この日の演奏は、ライアー奏者の大坂さゆりさん(53)=富山市神通本町=と福明佳子さん(55)=石川県野々市町=が参加。オカリナは寺職員の北川毅さん(60)=同県小松市=が奏でた。歌手の林道美有紀さん(35)=南砺市城端=が歌い、酒井宮司と参拝者13人がこきりこを打ち鳴らして境内に優雅な音色を響かせた。

 今後も砺波や南砺の寺社で演奏会を開き、新しい楽器をPRする。林道さんは「ライアー、オカリナとの共演は初めてだったが、柔らかい音色がこきりこ節の世界観と合っていた」と振り返った。酒井宮司は「砺波地方の伝統工芸や民謡がもっと身近になり、たくさんの人に親しまれるようになってほしい」と語った。

© 北日本新聞


まちのニュース
砺波市児童クラブ連合会 書初め大会 1月3日(1/12)

砺波剣友会 稽古始め 1月3日(1/11)

小矢部市成人式 1月10日(1/11)

南砺福光高校図書館研修&文庫本リメイク 12月22日(1/11)

宮内庁献上富山干柿選果会 12月21日(1/11)



北日本新聞ニュース
伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)

地方創生へ連携 市と東京海上協定(1/15)

穏やかな一年に 石動左義長まつり(1/15)

家庭守った神棚に感謝 砺波の神具店で焼納祭(1/14)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.