「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >子育て支援アプリ開発 南砺市

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

子育て支援アプリ開発 南砺市
印刷用ページ
2020/9/8 南砺市 政治・経済

 南砺市は子育て支援アプリを独自に開発し、保護者が育児の悩みを相談したり、市からの情報を受け取ったりできるサービスを来年4月から始める。心身ともにストレスを感じやすい妊娠期から、切れ目のない支援につなげる。7日の市議会本会議で、竹田秀人氏の一般質問に田中幹夫市長が説明した。

 アプリは、保護者が子育ての悩みを1対1で市職員に相談できる仕組みを検討。電話や窓口だと話しにくいという人にも、気軽に相談してもらえるようにする。市から検診や行事といった情報を発信するほか、保護者同士の交流の場としての活用も目指す。

 母子健康手帳の交付時にダウンロードしてもらい、妊娠期からのサポート体制を強化する。運用には国の地方創生臨時交付金を活用する。市長は「孤立した子育てにならないよう、支援が必要な家庭の掘り起こしにつなげる」と述べた。

 この他、畠中伸一、川原忠史、石川弘、古軸裕一の各氏が一般質問した。
 南砺市は子育て支援アプリを独自に開発し、保護者が育児の悩みを相談したり、市からの情報を受け取ったりできるサービスを来年4月から始める。心身ともにストレスを感じやすい妊娠期から、切れ目のない支援につなげる。7日の市議会本会議で、竹田秀人氏の一般質問に田中幹夫市長が説明した。

 アプリは、保護者が子育ての悩みを1対1で市職員に相談できる仕組みを検討。電話や窓口だと話しにくいという人にも、気軽に相談してもらえるようにする。市から検診や行事といった情報を発信するほか、保護者同士の交流の場としての活用も目指す。

 母子健康手帳の交付時にダウンロードしてもらい、妊娠期からのサポート体制を強化する。運用には国の地方創生臨時交付金を活用する。市長は「孤立した子育てにならないよう、支援が必要な家庭の掘り起こしにつなげる」と述べた。

 この他、畠中伸一、川原忠史、石川弘、古軸裕一の各氏が一般質問した。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
新商品・特産に提言を 小矢部市商工会(1/18)

個性豊かな版画年賀状 福光美術館で公募展(1/18)

腕輪念珠作り体験スタート 南砺市観光協会企画(1/18)

伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.