「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >受注減の南砺市産酒米の品種転換負担検討

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

受注減の南砺市産酒米の品種転換負担検討
印刷用ページ
2020/9/8 南砺市 政治・経済

 新型コロナ感染拡大に伴い受注が減少している南砺市産の酒米について、市は品種転換にかかる負担分の支援を検討している。7日の市議会本会議で、山田清志氏の一般質問に此尾治和ブランド戦略部長が答えた。

 県内最大産地のJAなんとは今秋、1680トンの収穫を予定していたが、日本酒需要の低迷で酒米の注文を減らす酒蔵が相次ぎ、約3割が行き場を失う可能性がある。8月にはJAなんと、福光、となみ野の3農協が市に要望書を提出した。

 此尾部長は価格下落に対する補填(ほてん)は考えていないとしつつ、「産地維持が最優先課題」と強調。対応策として、酒米から一時的に品種転換した場合にかかる作業負担への支援や、農業収入保険への加入奨励策などを挙げた。
 新型コロナ感染拡大に伴い受注が減少している南砺市産の酒米について、市は品種転換にかかる負担分の支援を検討している。7日の市議会本会議で、山田清志氏の一般質問に此尾治和ブランド戦略部長が答えた。

 県内最大産地のJAなんとは今秋、1680トンの収穫を予定していたが、日本酒需要の低迷で酒米の注文を減らす酒蔵が相次ぎ、約3割が行き場を失う可能性がある。8月にはJAなんと、福光、となみ野の3農協が市に要望書を提出した。

 此尾部長は価格下落に対する補填(ほてん)は考えていないとしつつ、「産地維持が最優先課題」と強調。対応策として、酒米から一時的に品種転換した場合にかかる作業負担への支援や、農業収入保険への加入奨励策などを挙げた。

© 北日本新聞


まちのニュース
砺波市児童クラブ連合会 書初め大会 1月3日(1/12)

砺波剣友会 稽古始め 1月3日(1/11)

小矢部市成人式 1月10日(1/11)

南砺福光高校図書館研修&文庫本リメイク 12月22日(1/11)

宮内庁献上富山干柿選果会 12月21日(1/11)



北日本新聞ニュース
伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)

地方創生へ連携 市と東京海上協定(1/15)

穏やかな一年に 石動左義長まつり(1/15)

家庭守った神棚に感謝 砺波の神具店で焼納祭(1/14)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.