「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >学校在り方22年度に提言 砺波市議会

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

学校在り方22年度に提言 砺波市議会
印刷用ページ
2020/9/9 砺波市 政治・経済

 砺波市議会は8日、本会議を再開し、市教育委員会は、小中学校の適正な規模や配置を議論する「市立学校のあり方検討委員会」から提言を受ける時期について、2022年度中との見通しを示した。嶋村信之氏の一般質問に山本仁史教育長が答えた。

 市には現在8小学校と4中学校があり、少子化で年間出生数は300人程度となっている。児童生徒の減少を見据え、今後の学校の規模や配置について学識経験者や住民、PTA関係者から意見を聴こうと、あり方検討委の設置を決めた。

 委員は公募を含め13人の予定。9月下旬に初会合を開き、2年ほどかけて議論してもらう。

 嶋村氏は、新型コロナの影響で夏休みを短縮して授業時間を確保した成果もただした。構富士雄教委事務局長は、小中学校とも8月末に1学期の学習内容をおおむね終えたと答えた。

 この他、山田順子、有若隆、境欣吾の各氏が一般質問した。
 砺波市議会は8日、本会議を再開し、市教育委員会は、小中学校の適正な規模や配置を議論する「市立学校のあり方検討委員会」から提言を受ける時期について、2022年度中との見通しを示した。嶋村信之氏の一般質問に山本仁史教育長が答えた。

 市には現在8小学校と4中学校があり、少子化で年間出生数は300人程度となっている。児童生徒の減少を見据え、今後の学校の規模や配置について学識経験者や住民、PTA関係者から意見を聴こうと、あり方検討委の設置を決めた。

 委員は公募を含め13人の予定。9月下旬に初会合を開き、2年ほどかけて議論してもらう。

 嶋村氏は、新型コロナの影響で夏休みを短縮して授業時間を確保した成果もただした。構富士雄教委事務局長は、小中学校とも8月末に1学期の学習内容をおおむね終えたと答えた。

 この他、山田順子、有若隆、境欣吾の各氏が一般質問した。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
雪上滑ってスリル満点スノーチューブ体験 砺波・出町小2年生(1/22)

交通安全誓う署名簿を提出 砺波・新成人321人分(1/22)

ハウス・倉庫17棟全壊や一部損壊 小矢部・大雪被害(1/22)

除雪機械の確保目指す 小矢部市長会見(1/22)

大河ドラマ “落選”残念 小矢部市長会見(1/22)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.