「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >特認校実施2年先送り 南砺・井口義務教育学校

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

特認校実施2年先送り 南砺・井口義務教育学校
印刷用ページ
2020/9/11 南砺市 政治・経済

 南砺市教育委員会は10日、井口地域に設置する義務教育学校で校区外からの入学を認める「特認校制度」の実施について、来年4月開校時からの実施を2年先送りする方針を示した。特認校のメリットや影響について市民に周知を図るとともに、学校ごとに特色ある教育カリキュラムを充実させ、他の校区でも制度を導入できないか検討する。

 同日市役所で開いた市議会の将来の学校あり方特別委員会で、村上紀道教育部長が説明した。

 市は当初、来年4月の義務教育学校「南砺つばき学舎」(仮称)の開校に合わせて特認校制度を実施し、各学年の定員を13人とする方針を示していた。しかし、6月市議会定例会の委員会審議で、他校区への配慮など「議論が不十分」と指摘が相次ぎ、学校設置に関する条例改正案の採決が見送られた。

 教育委員からも準備期間を設けてはどうかという提案があり、2023年4月から実施することとした。他の校区でも導入の検討を進める。村上部長は「各学校が特色ある教育活動を展開することで、子どもが自ら興味ある分野を選択できる」とメリットを述べた。

 8中学校区に学校を維持する市の方針などについて、長期的な視点で協議する「南砺市立学校のあり方検討委員会」は、社会情勢の変化に対応するため、5年ごとに委員会を開き、検討していくとした。部活動の在り方について考える組織は11月に開く予定。
 南砺市教育委員会は10日、井口地域に設置する義務教育学校で校区外からの入学を認める「特認校制度」の実施について、来年4月開校時からの実施を2年先送りする方針を示した。特認校のメリットや影響について市民に周知を図るとともに、学校ごとに特色ある教育カリキュラムを充実させ、他の校区でも制度を導入できないか検討する。

 同日市役所で開いた市議会の将来の学校あり方特別委員会で、村上紀道教育部長が説明した。

 市は当初、来年4月の義務教育学校「南砺つばき学舎」(仮称)の開校に合わせて特認校制度を実施し、各学年の定員を13人とする方針を示していた。しかし、6月市議会定例会の委員会審議で、他校区への配慮など「議論が不十分」と指摘が相次ぎ、学校設置に関する条例改正案の採決が見送られた。

 教育委員からも準備期間を設けてはどうかという提案があり、2023年4月から実施することとした。他の校区でも導入の検討を進める。村上部長は「各学校が特色ある教育活動を展開することで、子どもが自ら興味ある分野を選択できる」とメリットを述べた。

 8中学校区に学校を維持する市の方針などについて、長期的な視点で協議する「南砺市立学校のあり方検討委員会」は、社会情勢の変化に対応するため、5年ごとに委員会を開き、検討していくとした。部活動の在り方について考える組織は11月に開く予定。

© 北日本新聞


まちのニュース
砺波市児童クラブ連合会 書初め大会 1月3日(1/12)

砺波剣友会 稽古始め 1月3日(1/11)

小矢部市成人式 1月10日(1/11)

南砺福光高校図書館研修&文庫本リメイク 12月22日(1/11)

宮内庁献上富山干柿選果会 12月21日(1/11)



北日本新聞ニュース
伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)

地方創生へ連携 市と東京海上協定(1/15)

穏やかな一年に 石動左義長まつり(1/15)

家庭守った神棚に感謝 砺波の神具店で焼納祭(1/14)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.