「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >高校生が農家の苦労・魅力実感 ブドウ・バラ栽培見学

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

高校生が農家の苦労・魅力実感 ブドウ・バラ栽培見学
印刷用ページ
2020/9/29 その他 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47354_1.jpg


 就農に関心を持つ高校生を対象とした青年育成懇談会が28日、小矢部、高岡両市の農場などで開かれた。3校の1〜3年生21人が農家から栽培の苦労や魅力を聞き、将来へのイメージを膨らませた。

 地域農業の担い手として期待される新規就農者を確保して育てるため、県農業教育振興会小矢部支部と県高岡農林振興センターが毎年開いている。

 小矢部園芸高、中央農業高、南砺福野高の生徒が、遠藤ぶどう園(小矢部市水島)、バラ栽培を手掛ける田中園芸のメルヘン工房(同市北一)を訪問。高岡市福岡地域の越中福岡スゲ生産組合のほ場で、スゲ苗の植え付けも体験した。

 遠藤ぶどう園では、ビニールハウスを見学し、代表の遠藤一嗣さん(70)から5〜6月の間引き作業の大変さについて説明を受けた。ことしは梅雨が長引いて生育が遅れたことも聞き、生徒たちは苦労を実感していた。

 遠藤さんは元々バラ農家だったが、採算を考え5年前にブドウに切り替えた。「一生懸命作っていれば(成果が)返ってくる」と魅力を語り、チャレンジ精神の大切さを強調した。小矢部園芸高校2年の近藤力斗さんは「農家は大変だと思うが、何事も挑戦することが大事だと思った」と話した。
 就農に関心を持つ高校生を対象とした青年育成懇談会が28日、小矢部、高岡両市の農場などで開かれた。3校の1〜3年生21人が農家から栽培の苦労や魅力を聞き、将来へのイメージを膨らませた。

 地域農業の担い手として期待される新規就農者を確保して育てるため、県農業教育振興会小矢部支部と県高岡農林振興センターが毎年開いている。

 小矢部園芸高、中央農業高、南砺福野高の生徒が、遠藤ぶどう園(小矢部市水島)、バラ栽培を手掛ける田中園芸のメルヘン工房(同市北一)を訪問。高岡市福岡地域の越中福岡スゲ生産組合のほ場で、スゲ苗の植え付けも体験した。

 遠藤ぶどう園では、ビニールハウスを見学し、代表の遠藤一嗣さん(70)から5〜6月の間引き作業の大変さについて説明を受けた。ことしは梅雨が長引いて生育が遅れたことも聞き、生徒たちは苦労を実感していた。

 遠藤さんは元々バラ農家だったが、採算を考え5年前にブドウに切り替えた。「一生懸命作っていれば(成果が)返ってくる」と魅力を語り、チャレンジ精神の大切さを強調した。小矢部園芸高校2年の近藤力斗さんは「農家は大変だと思うが、何事も挑戦することが大事だと思った」と話した。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
雪上滑ってスリル満点スノーチューブ体験 砺波・出町小2年生(1/22)

交通安全誓う署名簿を提出 砺波・新成人321人分(1/22)

ハウス・倉庫17棟全壊や一部損壊 小矢部・大雪被害(1/22)

除雪機械の確保目指す 小矢部市長会見(1/22)

大河ドラマ “落選”残念 小矢部市長会見(1/22)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.