「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >8中学の部活動、運営体制見直し 12月に検討委設置

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

8中学の部活動、運営体制見直し 12月に検討委設置
印刷用ページ
2020/10/8 南砺市 政治・経済

 南砺市は12月に「市立中学校部活動のあり方検討委員会」を設置し、少子化でさまざまな課題が生じている部活動の運営体制を協議する。7日の市議会全員協議会で市が説明した。

 市内8中学校の生徒数は減少している一方、部活動の数はほぼ横ばいで推移し、部員不足で試合ができないケースも出ている。市教育委員会は8校に団体種目をバランスよく配置し、生徒が校区を越えて通うことができる部活動の拠点校化も模索している。

 検討委は、有識者や教育、体育、スポーツ団体の関係者、保護者ら13人で構成。来年12月まで計5回の開催を予定し、2022年3月の市議会全員協で結果を報告する。
 南砺市は12月に「市立中学校部活動のあり方検討委員会」を設置し、少子化でさまざまな課題が生じている部活動の運営体制を協議する。7日の市議会全員協議会で市が説明した。

 市内8中学校の生徒数は減少している一方、部活動の数はほぼ横ばいで推移し、部員不足で試合ができないケースも出ている。市教育委員会は8校に団体種目をバランスよく配置し、生徒が校区を越えて通うことができる部活動の拠点校化も模索している。

 検討委は、有識者や教育、体育、スポーツ団体の関係者、保護者ら13人で構成。来年12月まで計5回の開催を予定し、2022年3月の市議会全員協で結果を報告する。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
雪上滑ってスリル満点スノーチューブ体験 砺波・出町小2年生(1/22)

交通安全誓う署名簿を提出 砺波・新成人321人分(1/22)

ハウス・倉庫17棟全壊や一部損壊 小矢部・大雪被害(1/22)

除雪機械の確保目指す 小矢部市長会見(1/22)

大河ドラマ “落選”残念 小矢部市長会見(1/22)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.