「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >41施設指定管理者レベルA13、Bは22 市が昨年度評価案

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

41施設指定管理者レベルA13、Bは22 市が昨年度評価案
印刷用ページ
2020/10/15 南砺市 政治・経済

 南砺市指定管理者評価委員会(委員長・新町栄一北陸経済研究所特別研究員)が14日、市役所で開かれ、市は41施設を運営する指定管理者の昨年度モニタリング評価案を報告した。

 「期待するレベルに達していない」という最低レベルのCは6施設に上り、うち3施設が避難訓練の未実施によるものだった。「高いレベルで管理されている」という最高評価のAは13施設、「期待するレベルをクリアしている」のBは22施設だった。

 利用実績や事業収支、利用者アンケート、管理状況などから3段階で評価。新型コロナの影響については複数の施設で予約のキャンセルなどがみられたものの、期間が年度末に限られるため、例年と同じ基準で評価した。

 来年1月の委員会で評価を確定する。評価方法の改定も行い、実績評価は前年度に対する指標も取り入れる。
 南砺市指定管理者評価委員会(委員長・新町栄一北陸経済研究所特別研究員)が14日、市役所で開かれ、市は41施設を運営する指定管理者の昨年度モニタリング評価案を報告した。

 「期待するレベルに達していない」という最低レベルのCは6施設に上り、うち3施設が避難訓練の未実施によるものだった。「高いレベルで管理されている」という最高評価のAは13施設、「期待するレベルをクリアしている」のBは22施設だった。

 利用実績や事業収支、利用者アンケート、管理状況などから3段階で評価。新型コロナの影響については複数の施設で予約のキャンセルなどがみられたものの、期間が年度末に限られるため、例年と同じ基準で評価した。

 来年1月の委員会で評価を確定する。評価方法の改定も行い、実績評価は前年度に対する指標も取り入れる。

© 北日本新聞


まちのニュース
砺波市児童クラブ連合会 書初め大会 1月3日(1/12)

砺波剣友会 稽古始め 1月3日(1/11)

小矢部市成人式 1月10日(1/11)

南砺福光高校図書館研修&文庫本リメイク 12月22日(1/11)

宮内庁献上富山干柿選果会 12月21日(1/11)



北日本新聞ニュース
伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)

地方創生へ連携 市と東京海上協定(1/15)

穏やかな一年に 石動左義長まつり(1/15)

家庭守った神棚に感謝 砺波の神具店で焼納祭(1/14)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.