「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >6年目は適合品種実験 チューリップ球根「ネット栽培」

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

6年目は適合品種実験 チューリップ球根「ネット栽培」
印刷用ページ
2020/10/16 砺波市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47451_1.jpg


 チューリップ球根を長い網(ネット)で上下から挟んだまま地中で栽培する「ネット栽培」の実証普及事業が砺波市の農家で始まった。本格的な研究が始まって6年目となる本年度は、ネット栽培に適した品種などを調べながら普及に取り組む。

 ネット栽培は、球根をまとめて植え、ネットを引き上げて一括で収穫する。少人数で作業できることからオランダで広く行われている。県花卉(かき)球根農協(砺波市)や市球根組合が2015年度から国の事業として取り組み、コンピューターで自動化した作業ロボットを開発。狭い畑に合うよう、さらに機械の小型化と試験栽培を進めている。

 本年度は砺波、南砺両市の地区球根組合が県や両市の助成を受け、計3ヘクタールでネット栽培する。15日は砺波市大門の山田興一さん(60)の約30アールの畑で、ロボットが土を掘って球根を挟んだネットを埋め、土をかぶせた。例年なら5人で1日半かかった作業が半日ほどで済んだという。

 砺波市は栽培面積、出荷球数とも県内最大だが、球根農家数は15年度の34から本年度は27に減っており、ネット栽培普及による省力化で生産拡大や新規参入を促す。
 チューリップ球根を長い網(ネット)で上下から挟んだまま地中で栽培する「ネット栽培」の実証普及事業が砺波市の農家で始まった。本格的な研究が始まって6年目となる本年度は、ネット栽培に適した品種などを調べながら普及に取り組む。

 ネット栽培は、球根をまとめて植え、ネットを引き上げて一括で収穫する。少人数で作業できることからオランダで広く行われている。県花卉(かき)球根農協(砺波市)や市球根組合が2015年度から国の事業として取り組み、コンピューターで自動化した作業ロボットを開発。狭い畑に合うよう、さらに機械の小型化と試験栽培を進めている。

 本年度は砺波、南砺両市の地区球根組合が県や両市の助成を受け、計3ヘクタールでネット栽培する。15日は砺波市大門の山田興一さん(60)の約30アールの畑で、ロボットが土を掘って球根を挟んだネットを埋め、土をかぶせた。例年なら5人で1日半かかった作業が半日ほどで済んだという。

 砺波市は栽培面積、出荷球数とも県内最大だが、球根農家数は15年度の34から本年度は27に減っており、ネット栽培普及による省力化で生産拡大や新規参入を促す。

© 北日本新聞


まちのニュース
砺波地域消防連絡会消防訓練  10月17日(10/26)

「伝統の和太鼓で観光列車べるもんたお出迎え」10月10日・JR城端駅(10/26)

城端別院善徳寺の古文書デジタル化始まる 10月8日(10/26)

ものがたりの街 内見会 10月5日(10/26)

詐欺被害未然防止 感謝状贈呈 9月30日(水)(10/26)



北日本新聞ニュース
名所巡り買い物満喫 小矢部でバスツアー(10/28)

石動駅前で初の古本市 11月1日お宝マルシェ(10/28)

8人と1団体表彰 小矢部市政功労者(10/28)

特定空き家19件解体 小矢部市が報告(10/28)

悲惨さ伝えるDVD贈る 南砺市交通安全協会(10/28)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.