「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >移転新築の砺波図書館が開館 市の新たなシンボルに

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

移転新築の砺波図書館が開館 市の新たなシンボルに
印刷用ページ
2020/11/2 砺波市 くらし


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47542_1.jpg


 砺波市が移転新築した市砺波図書館が1日、同市幸町で開館した。市の新たなシンボルとなるよう、砺波平野の伝統家屋「アズマダチ」をイメージした外観にしている。大勢の市民が早速利用し、新しい憩いの場の誕生を祝った。

 新図書館の敷地面積は約7500平方メートル。総事業費は約24億円。図書スペースは県内の図書館で唯一のワンルーム構造になっている。

 開館前には、約150人が列をつくった。訪れた人たちは、ボランティアの「図書館お助け隊!」に教わりながら、新たに導入されたセルフ貸出機でお気に入りの本を借りたり、学習室で勉強したりしていた。砺波ファーストブックの会が絵本の読み聞かせをした。

 JR城端線のペーパークラフト制作などを通し、城端線砺波市利用促進実行委員会(通称・城端線もりあげ隊)や城端・氷見線活性化推進協議会が、公共交通機関の利用を呼び掛けた。

 家族で訪れた市内の長田美雅ちゃん(8)と優月ちゃん(5)は「チューリップの椅子がかわいかった」と笑顔で話した。小西喜之館長は「想像以上の人が来て驚いている。期待に応えたい」と話した。

 開館式には関係者約120人が出席。夏野修市長があいさつし、山本善郎市議会議長、橘慶一郎衆院議員、米原蕃県議が祝辞を述べた。 
 砺波市が移転新築した市砺波図書館が1日、同市幸町で開館した。市の新たなシンボルとなるよう、砺波平野の伝統家屋「アズマダチ」をイメージした外観にしている。大勢の市民が早速利用し、新しい憩いの場の誕生を祝った。

 新図書館の敷地面積は約7500平方メートル。総事業費は約24億円。図書スペースは県内の図書館で唯一のワンルーム構造になっている。

 開館前には、約150人が列をつくった。訪れた人たちは、ボランティアの「図書館お助け隊!」に教わりながら、新たに導入されたセルフ貸出機でお気に入りの本を借りたり、学習室で勉強したりしていた。砺波ファーストブックの会が絵本の読み聞かせをした。

 JR城端線のペーパークラフト制作などを通し、城端線砺波市利用促進実行委員会(通称・城端線もりあげ隊)や城端・氷見線活性化推進協議会が、公共交通機関の利用を呼び掛けた。

 家族で訪れた市内の長田美雅ちゃん(8)と優月ちゃん(5)は「チューリップの椅子がかわいかった」と笑顔で話した。小西喜之館長は「想像以上の人が来て驚いている。期待に応えたい」と話した。

 開館式には関係者約120人が出席。夏野修市長があいさつし、山本善郎市議会議長、橘慶一郎衆院議員、米原蕃県議が祝辞を述べた。 

© 北日本新聞


まちのニュース
砺波市児童クラブ連合会 書初め大会 1月3日(1/12)

砺波剣友会 稽古始め 1月3日(1/11)

小矢部市成人式 1月10日(1/11)

南砺福光高校図書館研修&文庫本リメイク 12月22日(1/11)

宮内庁献上富山干柿選果会 12月21日(1/11)



北日本新聞ニュース
伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)

地方創生へ連携 市と東京海上協定(1/15)

穏やかな一年に 石動左義長まつり(1/15)

家庭守った神棚に感謝 砺波の神具店で焼納祭(1/14)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.