「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >あんぽ柿加工施設起工

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

あんぽ柿加工施設起工
印刷用ページ
2020/11/2 南砺市 くらし


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47544_1.jpg


 南砺市特産「あんぽ柿」の共同加工センターの起工式が31日、同市高宮(福光)で行われた。最先端の設備を導入し、1シーズン当たり約50万個加工できる。2021年3月の完成、同年10月の稼働を目指す。

 南砺市の福光、城端両地域では、古くから農家の冬仕事として干し柿作りが行われてきた。近年は高齢化による担い手不足が著しく、生産力を維持するため、共同加工センターを建設することになった。

 センターでは一般的な干し柿に比べ、乾燥などの作業工程が比較的簡素な半生状のあんぽ柿と、ドライフルーツ感覚の商品「柿ごのみ」を生産。年々放置が進む柿畑を10ヘクタールを引き受け、樹木の管理から果実の加工、出荷までを一手に担う。

 鉄骨平屋建て延べ床面積1251平方メートル。6日間の全自動乾燥で1度に5千個加工できる新開発の乾燥機12台や包装ライン、自動計量器など最新鋭の設備を備える。国や県、市の助成を受け、富山干柿出荷組合連合会(南砺市高宮)の出荷場横に整備する。総事業費は約4億5千万円。

 起工式には運営を担う農事組合法人「富山あんぽ柿共同加工センター」(北島健一代表理事)や市の関係者らが出席した。
 南砺市特産「あんぽ柿」の共同加工センターの起工式が31日、同市高宮(福光)で行われた。最先端の設備を導入し、1シーズン当たり約50万個加工できる。2021年3月の完成、同年10月の稼働を目指す。

 南砺市の福光、城端両地域では、古くから農家の冬仕事として干し柿作りが行われてきた。近年は高齢化による担い手不足が著しく、生産力を維持するため、共同加工センターを建設することになった。

 センターでは一般的な干し柿に比べ、乾燥などの作業工程が比較的簡素な半生状のあんぽ柿と、ドライフルーツ感覚の商品「柿ごのみ」を生産。年々放置が進む柿畑を10ヘクタールを引き受け、樹木の管理から果実の加工、出荷までを一手に担う。

 鉄骨平屋建て延べ床面積1251平方メートル。6日間の全自動乾燥で1度に5千個加工できる新開発の乾燥機12台や包装ライン、自動計量器など最新鋭の設備を備える。国や県、市の助成を受け、富山干柿出荷組合連合会(南砺市高宮)の出荷場横に整備する。総事業費は約4億5千万円。

 起工式には運営を担う農事組合法人「富山あんぽ柿共同加工センター」(北島健一代表理事)や市の関係者らが出席した。

© 北日本新聞


まちのニュース
砺波市児童クラブ連合会 書初め大会 1月3日(1/12)

砺波剣友会 稽古始め 1月3日(1/11)

小矢部市成人式 1月10日(1/11)

南砺福光高校図書館研修&文庫本リメイク 12月22日(1/11)

宮内庁献上富山干柿選果会 12月21日(1/11)



北日本新聞ニュース
伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)

地方創生へ連携 市と東京海上協定(1/15)

穏やかな一年に 石動左義長まつり(1/15)

家庭守った神棚に感謝 砺波の神具店で焼納祭(1/14)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.