「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >ペイペイ4億円超消費 南砺市長「想定以上の利用」

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

ペイペイ4億円超消費 南砺市長「想定以上の利用」
印刷用ページ
2020/11/6 南砺市 政治・経済

 南砺市が10月に実施したポイントを最大30%還元するQRコード決済「PayPay(ペイペイ)」のキャンペーンは、ポイント付与額は速報値で1億914万円に上り、推定で4億3400万円の消費を生み出した。5日の定例記者会見で田中幹夫市長が説明した。

 コロナ禍で冷え込んだ消費を活性化させ、現金をやりとりしない「非接触型」決済の普及につなげるのが狙い。

 当初は10月分と再度キャンペーンを実施する12月分を合わせて1億円の予算を見込んでいたが、既に上回った。市長は「市外からも大勢来ていただき、想定以上の利用があった」とした。期間中は加盟する市内中小規模の483店舗のうち、約440店舗が利用され、「幅広い効果があった」と述べた。

 12月は還元率最大20%とし、1日から31日まで。付与上限は1回の支払いにつき2千円相当で、累計で月額1万円まで。地元オーナーが運営するコンビニなども含め、対象店舗は600店へ拡大を目指す。約7千万円のポイント付与額、約3億5千万円の消費を見込む。財源はコロナ対策の商工費を充てる。
 南砺市が10月に実施したポイントを最大30%還元するQRコード決済「PayPay(ペイペイ)」のキャンペーンは、ポイント付与額は速報値で1億914万円に上り、推定で4億3400万円の消費を生み出した。5日の定例記者会見で田中幹夫市長が説明した。

 コロナ禍で冷え込んだ消費を活性化させ、現金をやりとりしない「非接触型」決済の普及につなげるのが狙い。

 当初は10月分と再度キャンペーンを実施する12月分を合わせて1億円の予算を見込んでいたが、既に上回った。市長は「市外からも大勢来ていただき、想定以上の利用があった」とした。期間中は加盟する市内中小規模の483店舗のうち、約440店舗が利用され、「幅広い効果があった」と述べた。

 12月は還元率最大20%とし、1日から31日まで。付与上限は1回の支払いにつき2千円相当で、累計で月額1万円まで。地元オーナーが運営するコンビニなども含め、対象店舗は600店へ拡大を目指す。約7千万円のポイント付与額、約3億5千万円の消費を見込む。財源はコロナ対策の商工費を充てる。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
SDGsに理解深める 砺波 職員向けセミナー(1/21)

来月の節分会非公開で実施 福野・安居寺(1/21)

福野駅待合室に手作り座布団 南砺福野高生徒が26枚(1/21)

ものづくりの魅力作家らが授業 石動・東部小(1/21)

文科大臣表彰 市長に報告 砺波クラブmama(1/20)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.