「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >多世代型交流スペース案再協議へ

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

多世代型交流スペース案再協議へ
印刷用ページ
2020/11/18 小矢部市 地域・社会

多世代型交流スペース案再協議へ

多世代型交流スペース案再協議へ
 小矢部市議会公共施設再編特別委員会は17日開き、市は市総合保健福祉センター2階の「タワーの湯」跡地で整備する多世代型交流スペースの基本構想案を示した。複数の委員が「利用者同士が交流するイメージが見えない」などと指摘したため、後日、委員が現場を視察し、再度協議する。

 多世代型交流スペースは2022年4月開設を目指す。大広間だった部屋では、高齢者が軽い運動や交流活動に励む介護予防事業ミニ・デイ「いずみの園」を行う。センター内で健康診査を終えた親子がリフレッシュできる場も設ける。手すりを付けたり、段差をなくしたりして、高齢者が使いやすいようリフォームする。このほか、3階のボランティアルームを移設するほか、高齢者や障害者の作品展示スペース、ボランティア活動に使う備品の保管スペースも新たに用意する。

 市側の説明に対し、委員たちから「新型コロナウイルスの影響もあり、交流は難しいのでは」「(機能を)盛り込みすぎ」などの声が上がった。24日に現場を視察した後、同委員会を開く。
 小矢部市議会公共施設再編特別委員会は17日開き、市は市総合保健福祉センター2階の「タワーの湯」跡地で整備する多世代型交流スペースの基本構想案を示した。複数の委員が「利用者同士が交流するイメージが見えない」などと指摘したため、後日、委員が現場を視察し、再度協議する。

 多世代型交流スペースは2022年4月開設を目指す。大広間だった部屋では、高齢者が軽い運動や交流活動に励む介護予防事業ミニ・デイ「いずみの園」を行う。センター内で健康診査を終えた親子がリフレッシュできる場も設ける。手すりを付けたり、段差をなくしたりして、高齢者が使いやすいようリフォームする。このほか、3階のボランティアルームを移設するほか、高齢者や障害者の作品展示スペース、ボランティア活動に使う備品の保管スペースも新たに用意する。

 市側の説明に対し、委員たちから「新型コロナウイルスの影響もあり、交流は難しいのでは」「(機能を)盛り込みすぎ」などの声が上がった。24日に現場を視察した後、同委員会を開く。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
文科大臣表彰 市長に報告 砺波クラブmama(1/20)

ワクチン接種本部を設置 砺波市(1/20)

コロナワクチン接種本部立ち上げ(1/19)

優良従業員を表彰 庄川町商工会(1/19)

110番使い方 寸劇で紹介 南砺署(1/19)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.